共同研究・利用

2015年度

  1. この公募情報は、本学に通知のあったものについて掲載しています。
  2. 応募手続きをはじめ、詳細については所属部局担当係(各学部総務係、工学部は産学連携係)にお問い合わせください。
  3. 申請書類(写)については、所属部局担当係を通じて企画課に提出してください。
  4. 応募結果については、所属部局担当係を通じて企画課に連絡してください。
  5. 教員個人に助成された寄附金(助成金)であっても、その趣旨が職務上の教育、研究を援助する目的である場合は、
    教員による個人経理はできず、寄附金として本学に寄附する必要がありますので、所属部局担当係にご相談ください。
No 掲載日 件名 募集機関 募集分野等 共同研究・
利用内容
募集機関
受付期限
推薦者等 備考
15-036 2016
02/22
036.委託研究の募集(大学支援経費)

大学共同利用機関法人自然科学機構 国立天文台 NAOJ

新グループ形成 、観測施設 や新設大学等における新たな構築を連携して推進する計画を支援
※大学VLBI連携関係及び光・赤外線天文学大学間連携関係については、範囲外とします。

1,200万円/件

2016/3/18

 

※直接経費より光熱水料の支出及び通常研究機関が備えるべき什器購入は原則出来ません。また、間接経費は免除願います。

15-035 2016
02/18
035.平成28年度 共同利用研究の募集について

九州大学応用力学研究所

地球環境力学分野
【 特定研究1 】雲・エアロゾルの物理特性導出のための衛星観測・モデリングデータ解析手法の高度化 研究統括者:岡本 創
核融合力学分野
【 特定研究2 】極限プラズマ科学の新研究手法の開発 研究統括者:藤澤 彰英
新エネルギー力学分野
【 特定研究3 】再生可能エネルギーの大規模導入技術に関する研究 研究統括者:吉田 茂雄

詳細は募集概要各分野から

2016/3/1

   
15-034 2016
02/17
034.平成28年度共同利用・共同研究の募集

放射線災害・医科学研究拠点設立準備委員会
広島大学原爆放射線医科学研究所

研究課題種目
・福島原発事故対応プロジェクト課題
・重点プロジェクト課題
・自由研究課題

上限100万円
(旅費も含む)

2016/3/31

   
15-033-2 2016
02/10
033-2.平成28年度 総合地球環境学研究所 コアプロジェクト・フィージビリティー研究(FS)

大学共同利用機関法人 
人間文化研究機構
総合地球環境学研究所

コアプロジェクトの実現可能性(フィージビリティー)を検討するために、コアプロジェクトの提案者が中心となって、地球研の内外の研究者や社会の多様なステークホルダーと共同して実施するものです。

旅費及び消耗品費等について、予算の範囲内において地球研が負担します。1件当たり50~100万円以下で予算計画を立ててください。但し備品(単価10万円以上)の購入は認められません

2016/4/1
17時必着

   
15-033-1 2016
02/08
033-1.平成28年度 総合地球環境学研究所 実践プロジェクトインキュベーション研究(IS)公募

大学共同利用機関法人 
人間文化研究機構
総合地球環境学研究所

環境変動に柔軟に対処しうる社会への転換
多様な資源の公正な利用と管理
豊かさの向上を実現する生活圏の構築
・実践FS(個別連携型)及び実践プロジェクト(個別連携型)の要件
・実践FS(機関連携型)及び実践プロジェクト(機関連携型)の要件

旅費及び消耗品費等について、予算の範囲内において地球研が負担します。1件当たり30~100万円程度で予算計画を立ててください。但し、備品(単価10万円以上)の購入は認められません。

2016/4/1
17時必着

   
15-032 2016
01/29
032.MUレーダー・赤道大気レーダー全国国際共同利用公募

京都大学生存圏研究所

信楽MU観測所・赤道大気観測所共同利用研究課題
キャンペーン観測(MUレーダー長時間観測)研究課題

各種機器・観測装置の利用
経費・旅費サポート
詳細は応募要項参照

一般課題2016/4/4(月)
MUレーダーキャンペーン課題2016/7/15(金)厳守

 

申請書提出先、その他詳細は応募要項から

15-031 2016
01/29
031.平成28年度国立歴史民俗博物館共同研究員公募

(共)人間文化研究機構
国立歴史民俗博物館

1.中世日本の地域社会における武家領主支配の研究
2.中世日本の国際交流における海上交通に関する研究
3.中世文書の様式と機能および国際比較と活用に関する研究

共同研究に関する調査・研究旅費等に要する費用(交通費、宿泊費)を支給と国立歴史民俗博物館の図書資料、収蔵資料、コンピューター及び各種研究機器を利用することができます。

2016/2/17(水)必着

 

申請書等の送付先、その他詳細はHP参照

15-020 2015
12/15
020.平成28年度京都大学再生医科学研究所共同研究課題の公募について

京都大学再生医科学研究所

再生医科学に関する広いテーマで募集します。

旅費・滞在費・消耗品費として1研究課題につき年度総額最大200万円支給します。(内容により決定します。)
※消耗品費については事務用品、パソコン等の汎用品は対象外です。

16/1/7(木)必着

 

募集要項・申請所・送り状

15-019 2015
12/14
019.平成28年度 富山大学 研究推進機構 水素同位体科学研究センター 一般共同研究の公募について

富山大学研究推進機構水素同位体科学研究センター

水素エネルギー科学やトリチウムを利用する研究に関連する一般共同研究課題の提案

詳細はこちら

16/3/31(木)

 

申請書
承諾書
実施計画書
はこちら

15-018 2015
11/24
018.H27年度共同研究の募集

京都大学防災研究所

A.防災研究所外(国外も含む)の研究者が研究代表者となる共同研究
B.防災研究所外(国外も含む)又は所内の研究者が研究代表者となる共同研究
C.自然災害研究協議会が企画提案する共同研究
D.自然災害研究協議会及び関連学協会等が企画提案する共同研究
F.所外利用者による施設・施設利用の共同研究
募集要項はこちら

共同研究のスキームは
下記ページ共同研究より

別表Ⅰ参照

2015/1/5(金)

 

申請書・共同研究組織名簿・報告書は
こちら

15-017 2015
11/24
017.平成27年度共同研究の公募について

鳥取大学乾燥地研究センター

A.特定研究
B.重点研究
C.一般研究
D.若手奨励研究
E.研究集会
※公募事項

※共同利用施設・設備一覧

別紙1~3

16/1/30(土)必着

 

申請書

15-016 2015
11/17
016.2016年度国立遺伝学研究所共同研究・研究会

情報・システム
研究機構
国立遺伝学
研究所

「共同研究A1」:
国内及び国外の研究機関等に所属する研究者が対象。
「共同研究A2」:
国外の研究機関等に所属する研究者が対象。
「共同研究B」:
国内及び国外の研究機関等に所属する研究者が対象。

「共同研究A1」:
旅費を支給(20万円/件を上限とする)
「共同研究A2」:
旅費を支給((A1)の上限(20万円)を超える申請額で50万円/件を上限とする)
「共同研究B」:
旅費及び研究費(原則として所内で使用する消耗品費)を支給。旅費と研究費の合計で100万円/件を上限とする。

16/1/12(火)必着

 

申請書
はこちら

15-015 2015
11/17
015.H27年度東京大学大気海洋研究気候システムに関する共同研究の公募について

東京大学大気海洋研究所

(1)特定共同研究
気候系が提案して計画的に推進する研究計画で、気候系内の研究グループと系外の研究者が協力して進める共同研究。
(2)一般共同研究
一般公募によるもので、全国の個人またはグループが提案する研究テーマについて、気候系内外の研究者が協力して進める共同研究で気候系の研究目的に貢献が期待できるもの。

<所要経費>
大型計算機利用
旅費
消耗品
研究装置

詳細はこちら

15/12/25(木)
例年より早くなっておりますのでご注意ください。

 

公募要項
『申請書』
『承諾書』
『報告書』
はこちらから

15-014 2015
11/17
014.平成28年度国立情報学研究所

国立情報学研究所

(1)戦略研究公募型【戦略】(年間150 万円以下)
(2)研究企画会合公募型【会合】(年間80 万円以下)
(3)自由提案公募型(年間100万円以下)
※募集要項はこちら

共同研究費の使用は、旅費、学会参加に係る経費、論文投稿料等の3点に限定します。
これは、共同研究者との連携強化、研究成果及び情報収集の充実に重点を置くためです。

15/12/14(月)電子データ:必着、郵送:消印有効

大学及び国・公立研究所等の研究機関の研究者又はセンター長がこれと同等の研究能力を有すると認める者

申請書
はこちら

15-013 2015
11/17
013.平成28年度自然科学機構岡崎統合バイオサイエンスセンターバイオネクスト共同利用研究

自然科学研究機構岡崎統合バイオサイエンスセンターバイオネクスト

(1) 次世代バイオ共同利用研究(数件)
(2) 次世代バイオ共同利用実験(数件)
上記(1)(2)の実施期間は、平成28年4月~平成29年3月

※詳細はHP参照

15/12/14(月)必着

大学及び国・公立研究所等の研究機関の研究者又はセンター長がこれと同等の研究能力を有すると認める者

申請書
はこちら

15-012 2015
11/17
012.平成28年度自然科学機構分子科学研究所

自然科学研究機構分子科学研究所

(A)課題研究  
(B)協力研究
(C)研究会        
(D)若手研究会等     
(E)分子科学国際研究集会
(F)UVSOR施設利用
(G)機器センター施設利用
(H)装置開発室施設利用

※詳細はHP参照

15/12/11(金)17時締切
所属機関(部局)の長の承諾書は、15/1/18(月)必着

大学及び国・公立研究所等の研究機関の研究者、又は、同等の研究能力を有すると分子研所長が認める者。(大学院博士課程後期在学中の者を含む。ただし、UVSOR施設利用の代表者にはなれません。)

申請書
はこちら

15-011 2015
11/16
011.平成28年度東京大学大気海洋研究所共同利用

東京大学大気海洋研究所

1. 外来研究員 : 本所を利用して研究を行う研究者の公募
2. 研究集会 : 1~2日間のシンポジウム。開催場所は大気海洋研究所を原則とする。

※詳細はHP参照

15/11/30(月)厳守

国・公・私立大学及び公的研究機関で、海洋科学に関する研究を行う研究者、並びにこれに準ずる者(大学院学生及び研究生は申込者にはなれない。ただし共同研究者としての参加は可能)

申請書
はこちら

15-010 2015
11/16
010.平成28年度自然科学研究機構基礎生物学研究所

基礎生物学研究所

(1) 重点共同利用研究
(2) モデル生物・技術開発共同利用研究
(3) 個別共同利用研究
(4) 統合ゲノミクス共同利用研究
(5) 統合イメージング共同利用研究
(6) 研究会
(7) 大型スペクトログラフ共同利用実験
(8) トレーニングコース実施
※上記の各事項はいずれも平成28年4月~平成29年3月の期間とします。
※詳細は応募要領参照

※詳細はHP参照

15/12/14(月)必着

大学及び国・公立研究所等の研究機関の研究者又は所長がこれと同等の研究能力を有すると認める者

申請書
はこちら

15-009 2015
11/16
009.平成28年度自然科学研究機構生理学研究所

生理学研究所

(1)一般共同研究
(2)計画共同研究
(3)研究会
(4)国際研究集会
(5)超高圧電子顕微鏡共同利用実験
(6)生体機能イメージング共同利用実験
※詳細は応募要領参照

旅費
予算の範囲内で自然科学研究機構役職員旅費規程により支給します。
なお、共同利用研究者(指導教員)に帯同又は指導教員の指示の下、来所する学部学生の 旅費も支払い可能です

研究経費
予算の範囲内で本研究所が負担します。(経費は,生理学研究所で使用していただきます。)


15/12/11(土)必着

大学及び国・公立研究所等の研究機関の研究者又は所長がこれと同等の研究能力を有すると認める者

申請書
はこちら

15-008 2015
09/30
008.第15回「トヨタ先端技術共同研究公募」のご案内

トヨタ自動車株式会社
(一財)日本人間工学会

領域1
高機能材料/解析技術
領域2
半導体
領域3
人間特性

1000万円/件
(10件)
研究費については内容に応じて決定

2015/10/30(金)必着

 

申請書

15-007 2015
09/30
007.平成28年度共同利用の公募について

国立大学法人東京大学地震研究所

(1) 共同研究
(2) 研究集会
(3) 施設・実験装置・観測機器等の利用
(4) データ・資料等の利用

全国の地震・火山の関連分野の研究遂行に資するため、施設・実験装置・観測機器等の共同利用を行う。

2015/10/30(金)厳守

研究集会については研究代表者が申請して下さい。

申請書

15-006 2015
07/23
006.(公財)トヨタ財団研究助成プログラム

(公財)トヨタ財団

(A)「社会の新たな価値の創出」に結び付くことが期待される共同研究

年間400万円程度まで/件

2015/9/4(金)

 

文系
応募エントリーはこちら

15-005 2015
06/24
005.第24回ヘルスリサーチ振興財団国際共同研究助成

(公財)ファイザーヘルスリサーチ振興財団

テーマ例
1. 制度・政策
2. 医療経済
3. 保健医療の評価
4. 保健医療サービス
5. 保健医療資源の開発6. 医療哲学
6. 医療哲学、など

上限300万円/件
(本年度は、総額2,400 万円、8 件程度の助成を行う予定)

2015/6/30(火)≪当日消印有効≫

 

文系

申請書

15-004 -2 2015
06/09
004-02.平成28年度特定機器利用の公募について

国立大学法人東京大学地震研究所

全国の地震・火山の関連分野の研究

全国の地震・火山の関連分野の研究遂行に資するため、施設・実験装置・観測機器等の共同利用を行う。

H27.7.31(金)

 

申請書

15-004 -1 2015
06/09
004-01.平成28年度地震研究所共同利用・特定研究課題登録のお知らせ

国立大学法人東京大学地震研究所

【A】災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画推進について,【B】将来事業化を目指す萌芽的な計画,【C】共同利用経費以外の資金以外の資金によって運営される共同研究プロジェクトが登録課題

【A】研究機関1年の旅費を補助,【B】1件当たり1年200万円,【C】共同経費からの配分はありません。

H27.7.31(金)

 

登録用紙

15-003 2015
06/09
003.平成28年度重粒子線がん治療装置等共同利用研究の課題募集

放射線医学総合研究所

高エネルギー重イオンビームというHIMACの特徴を生かした基礎科学全般。 
研究課題①治療・診断②生物③物理・工学

②生物班と③物理・工学班の課題については、共同利用と装置共用の二つに分類されます。共同利用は、放医研の設置目的に関連した研究。装置共用は上記の定義に含まれない研究。

H27.6.19(金)

   
15-002 2015
05/11
002.新分野創成センターブレインサイエンス研究分野プロジェクトの公募

大学共同利用機関法人自然科学研究機構

霊長類の認知ゲノミクスに関する研究(分子生物やゲノム科学に関する新しい方法論や情報生物についての研究

1件200万円を上限とする。

2015/5/18(月)17:00まで

   
15-001 2015
05/11
001.国立情報学研究所共同研究【追加分】

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所

(1)クラウド (2)セキュリティ (3)MOOCs

(1)戦略研究公募型(年間150万以下) (2)研究企画型(年間80万円以下)

2015/5/15(金)