共同研究・利用

2014年度

  1. この公募情報は、本学に通知のあったものについて掲載しています。
  2. 応募手続きをはじめ、詳細については所属部局担当係(各学部総務係、工学部は産学連携係)にお問い合わせください。
  3. 申請書類(写)については、所属部局担当係を通じて企画課に提出してください。
  4. 応募結果については、所属部局担当係を通じて企画課に連絡してください。
  5. 教員個人に助成された寄附金(助成金)であっても、その趣旨が職務上の教育、研究を援助する目的である場合は、
    教員による個人経理はできず、寄附金として本学に寄附する必要がありますので、所属部局担当係にご相談ください。
No 掲載日 件名 募集機関 募集分野等 共同研究・
利用内容
募集機関
受付期限
推薦者等 備考
59 2015
03/26
平成27年富山大学水素同位体科学研究センター一般共同研究の公募について

富山大学水素同位体科学研究センター

水素エネルギー科学やトリチウムを利用する研究(下記の双方向型共同研究に該当する研究課題を除く)に関連する一般共同研究課題の提案を募集します。

詳細は別紙参照

2015/03/31(火)

 

応募要項
申請書他はこちら

58 2015
02/13
平成27年度(国)北海大学触媒科学研究センター共同利用・共同研究及の公募

(国)北海道大学触媒科学研究センター

本センター共同利用・共同研究は,本学外の研究者が研究代表者となり,本センターの教員を研究分担者として本センターにおいて共同実施するもので,研究課題があらかじめ設定されている「課題設定型」,申請者自らが研究課題を設定する「課題提案型」の2種類の公募区分があります。
詳細はこちら

・課題設定型
100万円似内
3~5件程度
・課題提案型
15万円似内
15件程度

課題設定型
2015/1/16(金)
課題提案型
(第一期)2015/1/16(金)
(第二期)2015/6/30(火)
(第三期)2015/10/30(金)

 

各種申請書
その他詳細はこちら

57 2015
02/12
平成27年度富山大学水素同意体科学研究センター一般共同研究の公募

富山大学水素同意体科学研究センター

水素エネルギー科学やトリチウムを利用する研究)に関連する一般共同研究課題の提案

共同研究枠で研究経費や旅費
施設・設備の共同利用
詳細はこちら

2015/03/31(火)

 

申請書
承諾書
実施計画書
はこちら

56 2015
02/10
平成27年度共同利用研究の公募

千葉大学環境リモートセンシング研究センター

(1)プログラム研究
(2)一般研究
(3)研究会
(4)国際共同利用研究


上限30万円程度

2015/03/27(金)必着

 

申請書
承諾書は公募・採択課題平成27年度より

55 2015
02/10
平成27年度総合地球環境学研究所インキュベーション研究(IS)の公募

大学共同利用機関法人 
人間文化研究機構
総合地球環境学研究所

ホームページの「地球研のめざすもの」等(Ⅱ9.「参考資料」)を参照して地球研の研究教育職員と十分打合せのうえ、設定してください。

30~100万円/件程度
但し備品(単価10万円以上)の購入は認められません。

2015/4/2(木)17時必着

 

申請書
計画書
履歴書
その他詳細はこちら

54 2015
02/10
平成27年度共同利用・共同研究公募
科学関連分野の深化・連携を基軸とする先端・学研研究拠点

京都大学科学研究所

2-1分野選択型(計画研究型)
・研究課題ビーム科学分野
・元素科学分野
・バイオ情報学分野
・物質合成分野
・現象解析分野
2-2課題提案型研究課題
2-3連携・融合促進型研究課題
2-4施設・機器利用型研究課題

分野選択型萌芽的研究 60万円/件
分野選択型発展的研究 120万円/件
課題提案型萌芽的研究 60万円/件
課題提案型発展的研究 120万円/件
連携・融合促進型研究 60万円/件
施設・機器利用型研究 60万円/件
共通設備・機器・資料の概要

2015/1/26(月)

 

各申請書
記入要項
その他詳細はこちら

53 2015
02/09
平成27年度 共同研究助成

(公財)三島海雲記念財団

(1)自然科学部門
(2)人文科学部門

200万円~500万円/件
総額1,500万円
両部門3~5件程度

2015/02/28(土)消印有効

推薦者は代表研究者の所属機関の部局長(所属長)、または、これに準ずる方で、推薦件数は一推薦者につき1件とします。

応募要項
申請書記入要項
申請書
はこちら

52 2015
02/09
平成27年度共同利用研究の募集

九州大学応用力学研究所長

1.共同研究募集概要
1-1.特定研究
1-2.国際化推進研究
1-3.一般研究
1-4.研究集会
1.共同研究募集内容
2-1.地球環境分野
2-2.核融合力学分野
2-3.新エネルギー力学分野

研究代表者には、予算の範囲内で、研究経費および旅費が支給されます。また、研究協力者にも予算の範囲内で旅費が支給されます。
共同利用研究施設
共同研究装置

2015/02/20(金)

   
51 2015
02/06
平成27年度共同プロジェクト研究の公募について

東北大学電気通信研究所

① 物理現象を活かしたナノ情報デバイスの創成に関する研究
② 超広帯域通信のための次世代システムの創成に関する研究
③ 人間と環境を調和させる情報システムの創成に関する研究
④ 情報社会を支えるシステムとソフトウェアの創成に関する研究
共同プロジェクト研究には、公募されたテーマについて、本研究所の施設・設備などを使用して行う研究(A)と研究集会を主とするプロジェクト(B)とがあります。
※詳細はHP参照

(1)知的財産権の取扱い
東北大学共同研究取扱規程を準用します。
(2)所要経費
共同プロジェクト研究に必要な経費及び旅費は、予算の範囲内において本研究所で負担します。
(3)宿泊施設
本研究所には宿泊施設はありませんので、各自で手配して下さい。

2015/02/27(金)
必着(期限厳守)

 

申請書
計画書
その他詳細はこちら

50 2015
01/26
平成27年度拠点間連携共同研究の公募について

国立大学法人東京大学地震研究所

拠点間連携共同研究
※詳細はHP参照

※詳細はHP参照

2015/2/6(金)
必着

所属機関長等の承諾書

Web申請

49 2015
01/26
平成27年度北海道大学情報基盤センター共同研究

国立大学法人北海道大学

①領域番号A1 ハイパフォーマンスコンピューティング
②領域番号A2 ネットワーク、インタークラウド
③領域番号A3 コンテンツ、データ、メディア教育
※詳細はHP参照

共同研究
各領域8件以内

2015/2/6(金)
必着

 

申請書

48 2015
01/26
平成27年度共同利用・共同研究の募集について

広島大学原爆放射線医科学研究所

1.研究課題種目
福島原発事故対応緊急プロジェクト研究課題
①低線量・低線量率放射線の影響に関する研究
②内部被ばくの診断・治療法の開発
③放射線防護剤の開発研究
2.重点プロジェクト研究課題
①ゲノム損傷修復の分子機構に関する研究
②放射線発がん機構とがん治療開発に関する研究
③放射線災害医療開発の基礎的研究
④被ばく医療の改善に向けた再生医学的基礎研究
⑤被ばく者の健康影響と放射線リスク評価研究
3.自由研究課題
詳細はHP参照

共同利用・共同研究

2015/2/2(月)必着

部局長等の承諾

申請書・承諾書

47 2015
01/26
平成27年度マイクロ波エネルギー伝送実験装置共同利用研究課題

京都大学生存圏研究所

※詳細はHP参照

※詳細はHP参照

2015/1/30(金)必着

 

申請書

46 2015
01/26
平成26年度東京工業大学応用セラミックス研究所
共同利用研究

東京工業大学応用セラミックス研究所

・当研究所の教員と所外の研究者が当研究所の施設、設備、データ等を共同で利用する「一般共同研究」
・外国人研究者を含めて実施する「国際共同研究」
・当研究所が特定した研究テーマを研究する「特定共同研究」
・当研究所が主催する研究集会のための「ワークショップ」「国際ワークショップ」があります。
※詳細はHP参照

1件/人

2015/1/30(金)必着

 

申請書

45 2015
01/26
研究集会の公募について

京都大学生存圏研究所

※詳細はHP参照

※詳細はHP参照

2015/1/30(金)必着

 

申請方法

44 2015
01/26
平成27年度共同研究の公募について

鳥取大学乾燥地研究センター

A. 特定研究
B. 重点研究
C. 一般研究
D. 若手奨励研究
E. 研究集会
※詳細はHP参照

※詳細はHP参照

2015/1/30(金)必着

 

申請書

43 2015
01/21
平成27年度自然科学研究機構岡崎統合バイオサイエンスセンターバイオネクスト共同利用研究

大学共同利用機関法人自然科学研究機構

(1)次世代バイオ共同利用研究
(2)次世代バイオ共同利用実験
※詳細はHP参照

※詳細はHP参照

平成27年1月26日(月)(必着)
※申込期限に間に合わなかった場合は、随時申込を受付けますので、研究開始予定日の1箇月前までに申込を行ってください。

 

申請用紙

42 2015
01/07
京都大学科学研究所 共同利用・共同研究公募

京都大学研究所 

2-1. 分野選択型(計画研究型)研究課題
・ビーム科学分野
・元素科学分野
・バイオ情報学分野
・物質合成分野
・現象解析分野
2-2. 課題提案型研究課題
2-3. 連携・融合促進型研究課題
2-4. 施設・機器利用型研究課題

分野選択型萌芽的研究  600万円/件
分野選択型発展的研究 1,200万円/件
課題提案型萌芽的研究 600万円/件
課題提案型発展的研究 1,200万円/件
連携・融合促進型研究  600万円/件
施設・機器利用型研究 600万円/件

共通設備・機器・資料の概要他詳細は
こちら

2015/1/26(月)

 

各課題別申請書
応募要領は
こちら

41 2015
01/07
平成27年度共同開発研究等の公募について

自然科学研究機構 国立天文台 研究交流委員会

共同開発研究
 国立天文台研究教育職員と共同した観測・実験に関わる新しい装置等の開発・製作、また、基礎的開発研究についての共同研究。

研究集会
 国立天文台国際及び国内研究集会。

共同研究
 国立天文台の研究教育職員と天文台外の研究者により特定の研究課題について共同で行われる研究。

(1)共同開発研究:50~600万円/件(10件程度)
(2)研究集会:20~100万円/件
 本研究集会に限り、2 回に分け審査を行います。
(3)共同研究:本制度による支援対象は旅費のみで
 す。過去 3 年間の年度当たりの採択総額は 20~30 万円です。

第1回の募集締切日:
2015/1/23(金)期限厳守・必着
・共同開発研究
・研究集会第1回
・共同研究

第2回の募集締切日:
2015/6/30(火)期限厳守・必着
・研究集会第2回
(対象開催予定期間:平成 27 年 10 月~平成 28 年 3 月までのもの)

 

申請書
承諾書(所属機関の長)
申請書は必ずPDF(最大で 50MB)の形式で E-mail に添付の上、
提出してください。PDF以外の形式での受付はいたしません
承諾書は別途郵送してください

応募要項・応募書類提出先はこちら


上記の他に、共同利用等公募を行っています

40 2014
12/24
物質・デバイス領域共同研究拠点 特定研究の公募

物質・デバイス領域共同研究拠点

物質・デバイス領域に関する研究全般
※これまでの共同研究拠点における共同研究を一層発展させるものなどを期待します。

300~600万円/件程度
※予算の範囲内において、滞在・装置設置スペース、研究費(装置利用料、人件費、消耗品費)、旅費を助成します。
※各研究テーマ毎で異なります。詳細は、世話人にお問合せ下さい。

2015/1/7(水)

 

応募要項
申請書
詳細はこちら

39 2014
12/19
研究集会(共同利用・共同研究拠点)の公募

京都大学生存圏研究所

生存圏科学研究の関連分野における研究集会

共同研究集会予算は旅費、会場費、印刷費、その他の共同研究集会運営に必要な諸費用を予算の範囲内において配分額を決定し、支給致します。

2014/1/30(金)

 

応募要項
申請書
提出先
はこちら

38 2014
12/18
H27年度生存圏データベース(材鑑調査室)共同利用及び講習会

京都大学生存圏研究所

(1)生存圏データベース
(2)講習会

(1)標本類
(2)機器類
(3)会議システム
詳細はこちらページ最下部、別表参照

2015/1/13(火)厳守

 

各種申請書
応募要項
成果概要
はこちら

37 2014
12/15
H27年度統計数理研究所 共同利用公募

大学共同利用機関法人 情報・システム研究気候統計数理研究所

1,統計数理に関する一般的な共同利用(年度途中で申請ができます。)
2,統計数理に関する一般的な共同利用(年度途中で申請ができません。)
3,重点型研究
テーマ
(1)統計教育の新展開Ⅱ
(2)ビッグデータの統計数理Ⅱ
(3)次世代への健康科学

所要経費及び共同研究リポートの発行経費の申請を行うことができます。

1/7(水) 電子申請システムからの申請登録締切
1/15(木) 承諾書の受付締切(必着)

 

公募型共同利用電子システムより
登録完了後応募してください。
申請システムログインはこちら

36 2014
12/12
H27年度共同研究の募集

京都大学防災研究所

A.防災研究所外の国内外の研究者を研究代表者とする共同研究
1)一般共同研究
2)萌芽的共同研究(注1)
3)一般研究集会
4)長期滞在型共同研究(注2)
5)短期滞在型共同研究(注2)
(注1)大学院生(博士後期課程)および所内研究者が研究代表者となることも可
(注2)大学院生(博士後期課程)が研究代表者になることも可
B.自然災害研究協議会が企画提案する共同研究
6)重点推進型共同研究
C.所内研究者が研究代表として推進する拠点の共同研究
7)拠点研究
8)特定研究集会
D.所外利用者による施設・設備利用の共同研究
9)施設・設備利用型共同研究
E.地域防災実践型共同研究(26年度に2年間で公募したので27年度は公募しない)
10)一般共同研究
11)特定共同研究

共同研究のスキームは
下記ページ共同研究より

別表Ⅰ参照

2015/1/5(月)

 

申請書・共同研究組織名簿・報告書は
こちら

35 2014
12/09
H27年度東京大学大気海洋研究気候システムに関する共同研究の公募について

東京大学大気海洋研究所

(1)特定共同研究
気候系が提案して計画的に推進する研究計画で、気候系内の研究グループと系外の研究者が協力して進める共同研究。
(2)一般共同研究
一般公募によるもので、全国の個人またはグループが提案する研究テーマについて、気候系内外の研究者が協力して進める共同研究で気候系の研究目的に貢献が期待できるもの。

<所要経費>
大型計算機利用
旅費
消耗品
研究装置

詳細はこちら

2014/12/26(金)
例年より早くなっておりますのでご注意ください。

 

公募要項
『申請書』
『承諾書』
『報告書』
はこちらから

34 2014
12/02
自然科学研究機構基礎生物学研究所 共同利用研究の公募

大学共同利用機関法人
自然科学研究機構
基礎生物学研究所

(1) 重点共同利用研究
(2) モデル生物・技術開発共同利用研究
(3) 個別共同利用研究
(4) 生物画像処理・解析共同利用研究
(5) 研究会
(6) 大型スペクトログラフ共同利用実験
(7) DSLM共同利用実験
(8) 次世代DNAシーケンサー共同利用実験
(9) トレーニングコース実施
※上記の各事項はいずれも平成27年4月~平成28年3月の期間とします。

詳細はHP参照

2014/12/15(月)必着
なお、随時申込みの場合は、上記申込期限までに申込できなかった理由書を添付し、研究開始予定日の1箇月前までに申込を行ってください。審査の日程により、研究開始予定日までに採否が決定できないことがあることをご承知おき願います。

該当する申込書を所属機関(部局)の長を通じて提出してください。

『申請書』詳細はこちら

33 2014
12/02
自然科学研究機構基礎生物学研究所 共同利用研究の公募

大学共同利用機関法人
自然科学研究機構
分子科学研究所

(A)課題研究
(B)協力研究
(C)研究会
(D)若手研究会等
(E)分子科学国際研究集会
(F)UVSOR施設利用
(G)機器センター施設利用
(H)装置開発室施設利用


詳細はHP参照

2014/12/12(金)17:00締切

所属機関(部局)の長の承諾書は、平成26年1月20日(月)必着

該当する申込書を所属機関(部局)の長を通じて提出してください。

申請書・承諾書はこちら

32 2014
12/02
平成27年度 金研大洗センターの共同利用研究公募

東北大学金属材料研究所
付属量子エネルギー材料科学
国際研究センター

原子力材料・アクチノイド元素に関する研究を推進・支援して行くとともに、関係各機関との連携により当該分野における研究基盤の強化を目指しております。平成27年度の共同利用研究課題を広く公募いたします。

共同利用機器リスト(別紙1)を参照の上、使用を希望される機器を申請してください。なお、機器リストの特記事項に要相談と記載されている機器に関しましては、予めお問い合わせください。

2014/12/8(月)
期限を過ぎるとwebシステムが閉じてしまいますのでご注意ください。

 

申請手順
その他詳細はこちら

31 2014
11/28
平成27年度国立情報学研究所の公募について

大学共同利用機関法人
情報・システム研究機構
国立情報学研究所

(1)戦略研究公募型
(2)研究企画会合公募型
(3)自由提案公募型

詳細は募集要項参照

(1)戦略研究公募型
(年間150万円以下)
(2)研究企画会合公募型
(年間80万円以下)
(3)自由提案公募型
(年間100万円以下)

2014/12/12(金)電子データ必着
郵送は消印有効

 

申請書等は、押印済みの原本(カラー・両面印刷可)各1部を郵送のうえ、下記アドレス宛に電子データ(Wordファイル)もお送り下さい。

申請書の様式、
電子メールアドレス等はこちら

30 2014
11/20
平成27年度新潟大学脳研究所共同利用・共同研究の公募

新潟大学脳研究所

(1)脳神経病理標本資源に関する共同研究
(2)脳疾患ゲノム解析に関する共同研究
(3)脳疾患動物モデルの作成・解析に関する
(4)その他 本研究所の資源を活用した研究

 

2014/12/5(金)必着(「共同研究申請」と封筒に表記

 

申請書はこちらから

29 2014
11/11
平成27年度原研施設利用総合共同研究の公募について

東京大学大学院工学系研究科

1.原子核をプローブとする物理・科学研究
2.放射線とイオンビームによる物質構造と研究と改質・合成
3.放射線を用いた生物科学研究
4.中性子利用元素分析
5.中性子利用による構造・評価研
6.中性子散乱・解析を用いた物質探評価研究
7.その他(原子力関連の基礎研究)

照射・実験料金と研究旅費が支給されますが、件数の多い場合には部分的な補助になる場合もあります。

2014/11/28(金)期日厳守
※申し込み期限を過ぎた場合には、申請をお断りする事がありますのでご注意ください。

 

申請書はこちら

28 2014
11/10
平成27年度東京大学大気海洋研究所共同利用公募について

東京大学
大気海洋研究所

海洋や大気に関わる基礎的研究および地球表層圏の統合的理解の深化につながる研究


1.大気海洋研究所(柏地区)
・外来研究員
・研究集会
2.国際沿岸海洋研究センター
・外来研究員
・研究集会
3.学際連携研究
・特定共同研究
・一般共同研究

大気海洋研究所(柏地区)・国際沿岸海洋研究センター
2014/11/28(金)必着

学際連携研究
2014/12/03(水)午後5時必着

 

各種申請書、詳細はこちら

27 2014
10/06
平成27年度共同利用研究課題及び装置共用課題の募集について

放射線医学総合研究所

【研究課題の内容と種類】
HIMAC 共同利用研究
・治療、診断
・生物
・物理、工学

※詳細はこちらから

2014/11/13(木)必着

 

詳細はこちらから

26 2014
10/06
平成26年度 金沢大学環日本海域研究センターとの全国共同利用研究について(2次募集)

国立大学 金沢大学 環日本海域研究センター

a)自然環境の変化とその要因に関する研究
b)環境変化が健康に及ぼす影響に関する研究
C)生態系と人間社会の共生に関する研究
d)地域環境の将来予測に関する研究
e)持続可能な社会創世技術に関する研究

(a)重点共同研究(50万円/件)旅費・滞在費・消耗品費※研究課題の複数のカテゴリーに跨り、かつ多数の研究分担者が参画する研究課題とします。
(b)一般共同研究10件程度(20~30/件)旅費・滞在費・消耗品費

2014/10/31
ただし、センター長が学術的に重要かつ緊急性があると認める者に対しては、随時、申請の提出を受け付けます。

 

申請書・実施計画書
成果報告書
契約書・承諾書
はこちらから

25 2014
09/29
平成27年度共同利用研究等の公募について(通知)

京都大学
原子炉実所

(1)共同利用研究
(2)臨界集合体実験装置共同利用研究
(3)研究会

※詳細はHP参照

2014/11/7(金)

 

申請書

24 2014
09/29
第14回「トヨタ先端技術共同研究公募」のご案内

トヨタ自動車株式会社
(一財)日本人間工学会

1.画像認識
2.人間特性
3.高機能材料
4.ナノスケール反応場

1000万円/件
(10件)
研究費については内容に応じて決定

2014/10/31(金)必着

 

申請はHP参照

23 2014
09/18
国立大学法人東京大学地震研究所
客員教員・共同利用

国立大学法人東京大学地震研究所

①平成27年度客員教員の公募について
地震・火山および関連諸分野の研究
②平成27年度共同利用
(1)共同研究
(2)研究集会
(3)施設・実験装置・観測機器等の利用
(4)データ・資料等の利用
※詳細はHP参照

※詳細はHP参照

①平成27年度客員教員の公募について
2014/10/31(金)
②平成27年度共同利用
2014/10/31(金)

 

①平成27年度客員教員の公募について
応募書類は簡易書留で送付
②平成27年度共同利用
Web申請
応募用紙はHP参照

22 2014
08/27
(公財)平和中島財団
2015年度 国際学術共同研究助成

(公財)平和中島財団

特に限定はしないが、学際的な組織で行われる研究が望ましい

500万円/件
(3件)

2014/10/31(金)

 

申込書

21 2014
08/27
2014年度 AGC旭硝子 リサーチコラボレーション制度

旭硝子株式会社

(主題)スマートシティー
ガラスやフッ素材料を駆使して、街全体を快適空間とするものとし、学術的インパクトが大きく、将来の市場開拓の可能性のある研究テーマを募集します。
※詳細はHP

【大型研究テーマ】
年間2千万円以内、最長3年間で総額6千万円以内を目安/1件あたりの研究費用
【中型研究テーマ】
年間1千万円以内、最長3年間で総額3千万円以内を目安/1件あたりの研究費用

2014/10/6(月)

 

応募書類

20 2014
08/25
京都大学生存圏研究所

京都大学生存圏研究所

①信楽MU観測所・赤道大気観測所共同利用研究課題
②MUレーダー・赤道大気レーダー観測データベース共同利用研究課題
③キャンペーン観測(MUレーダー長時間観測)研究課題
※詳細はHP

詳細はHP

①②2014/9/19(金)必着
③2015/1/16(金)必着

 

申請はHP参照

19 2014
08/04
平成27年度 教科書研究奨励金

(公財)中央教育研究所

日本および諸外国の学校またはその他の教育機関で使用されている教科書についての様々な研究を対象とします。例えば次のような研究を含めます。教科は問いません。教科横断的な研究、外国の教科書研究も対象となります。
(1) 教科書の国際比較研究、政策・制度研究、歴史的研究
(2) 教科書の内容分析、使用方法分析、副読本の分析、教科書と教師用書の分析
(3) 教科書の作成過程研究、体裁・装丁等の研究
(4) 教科書についての教師、児童・生徒、保護者等の意識研究
(5) その他、意欲的・独創的な研究

20万円/件

平成27年4月25日(土)

 

申請はHP参照

18 2014
08/04
SHIONOGI Science Program 2014

塩野義製薬㈱

1.肥満、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)治療薬の創薬シーズ
2.細菌/真菌感染症・新興再興感染症治療薬の創薬シーズ
3.癌治療ペプチドワクチンの臨床効果を最大化する新規標的分子、分析手法、バイオマーカー
4.新規抗癌剤の創薬シーズ
5.乾癬及びアトピー性皮膚炎 (痒み) の創薬における新規標的分子,分析方法,評価モデル
6.中枢神経疾患治療薬創製のための創薬技術
7.慢性疼痛治療薬の創薬シーズとバイオマーカー
8.個別化医療に繋がるバイオマーカー測定系技術
9.次世代先端医薬品につながる創薬プラットフォーム技術
10.新たな付加価値を与える新規製剤技術

500万円から1500万円以内/件

2014年10月1日10時-2014年10月31日17時

 

申請はHP参照

17 2014
08/01
(公財)飯島藤十郎記念食品科学振興財団 平成26年度 学術研究助成

(公財)飯島藤十郎記念食品科学振興財団

米麦その他の主要食糧等を原料とする食品に関して次の①~③に掲げる分野に係る食品科
学等の研究
① 生産・加工・流通に関する基礎的研究
② 製造技術及び品質保持技術の開発に関する研究
③ 安全・衛生、栄養・機能等に関する研究
(研究課題は別紙に示す研究の分類項目のいずれかに該当すること。)→HP募集要項参照

200万円から500万円/件(80件内外)

平成26年9月1日(月)~平成26年10月22日(水)必着

機関の長(学部長、大学院研究科長又は研究所長)、それ以上の資格を有する方

申請書はこちらからダウンロード

16 2014
07/31
平成28・29・30年度学術研究船白鳳丸共同利用公募 ならびに研究計画企画調整シンポジウム開催について

東京大学大気海洋研究所

学術研究船白鳳丸は、昭和43年度以来3か年毎に立案される航海計画に基づいて運航しています。本年は平成28~30年度の運航計画作成の年にあたります。
共同利用研究計画を公募し、個々の研究者の発意に基づく魅力的な研究航海計画を広く募り、研究計画企画調整シンポジウムを開催して各位のご意見を承りたいと存じます。

※詳細はHP

平成26年10月10日(金)(厳守)

 

郵送(印要)とe-mail(印不要)の両方で行ってください。
学術研究船白鳳丸共同利用研究申込書(平成28・29・30年度)1通(様式1)… 様式 1(Wordファイル)
e-mailによる提出:Wordファイル(様式1)を添付

15 2014
07/15
東京大学大気海洋研究所
平成27年度東北海洋生態系調査研究船(学術研究船)新青丸共同利用公募

東京大学大気海洋研究所

平成25年6月末に竣工した東北海洋生態系調査研究船(学術研究船)「新青丸」による、全国の大学・研究機関のための共同利用研究航海を公募します。比較的短期間で実施できる沿岸域での基礎的な海洋研究を募集します。「新青丸」は平成23年3月の東北地方太平洋沖地震が東北地方沿岸域に及ぼした影響を正確に把握し、生態系の再生過程、海水中の化学物質の挙動、海洋底の実態解明など、幅広い研究分野にわたって震災関連調査研究を継続して行うために、老朽化した学術研究船「淡青丸」の後継船として建造されました。応募にあたっては、この建造目的をご考慮ください。

※詳細はHP

2014/8/29(金)
必着

 

郵送(印要)とe-mail(印不要)の両方で行ってください。
平成27年度東北海洋生態系調査研究船(学術研究船)新青丸共同利用研究申込書1通 … 様式 1(Wordファイル)
e-mailによる提出:Wordファイルを添付

14 2014
07/15
東京大学大気海洋研究所
平成27年度学術研究船白鳳丸共同利用

東京大学大気海洋研究所

平成27年度白鳳丸研究航海に参加して実施する小規模な研究航海を公募します。
※詳細はHP

※詳細はHP

2014/8/29(金)
必着

 

郵送(印要)とe-mail(印不要)の両方で行ってください。
平成27年度学術研究船白鳳丸共同利用研究申込書1通
 … 様式 1(Wordファイル)
e-mailによる提出:Wordファイル(様式1)を添付

13 2014
07/14
平成26年度バイオネクスト共同利用研究の公募について

岡崎統合バイオサイエンスセンター

(1) 特別共同利用研究(1件)
実施期間:平成26年10月~平成31年3月
(2) 次世代バイオ共同利用研究(数件)
(3) 次世代バイオ共同利用実験(数件)
(上記(2)(3)の実施期間は、平成26年10月~平成27年3月)

研究費(上限1,500万円)、旅費支給

平成26年8月29日(金)(必着)
申込期限に間に合わなかった場合は、随時申込を受付けますので、研究開始予定日の1箇月前までに申込を行ってください。

申請書は所属機関(又は部局)の長を通じて提出

申請書はHP参照

12 2014
07/08
平成27年度歴博公募型共同研究募集要項

大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

歴史学、考古学、民俗学および自然科学を含む関連諸学との学際的協業に基づく共同研究を立ち上げ、本館教員と協力して日本の歴史と文化に関して実証的研究を行うものです。

研究課題:本館の収蔵資料に関連する研究課題
【公募研究対象資料一覧】
1.石見国迩摩郡福光下村福富家文書 (歴史研究系 福岡准教授)
2.大川天顕堂銭貨コレクション (情報資料研究系 齋藤教授)
3.廣橋家旧蔵記録文書典籍類 (歴史研究系 小島教授)
4.高山族民俗資料 (民俗研究系 松尾教授)

年間上限250万円程度(旅費、消耗品 他)

平成26年9月12日(金)必着

所属長の承認が必要

申請書はHP参照

11 2014
07/07
平成26年度 金沢大学環日本海域環境研究センターとの全国共同利用研究公募

国立大学法人 金沢大学

a) 自然環境の変化とその要因に関する研究
b) 環境変化が健康に及ぼす影響に関する研究
c) 生態系と人間社会の共生に関する研究
d) 地域環境の将来予測に関する研究
e) 持続可能な社会創成技術に関する研究

(a) 重点共同研究 1件(50万円/1件)
旅費・滞在費・消耗品費
※重点共同研究は、上記研究課題の複数のカテゴリーに跨り、かつ多数の研究分担者が参画する研究課題とします。
(b) 一般共同研究 10件程度(20-30万円/1件)
旅費・滞在費・消耗品費
各研究課題には、必ず本センター教員1名以上が研究分担者であることが必要です。

平成26年7月31日(木)

◇応募資格
a) 大学及び学術研究機関に属する研究者
b) センター長が適当と認めた者
※ 共同研究期間終了後2年以内に共同研究により得られた成果を学術専門誌等に発表(若しくは投稿)することを応募の条件とします。

申請書はHP参照

10 2014
06/24
第12回(2014年度)生協総研賞「助成事業」募集のご案内

公益財団法人 生協総合研究所

・生活協同組合の今日的な課題及び事業・組合員活動における実践的な研
・くらしの実態に関する経済的、社会的、歴史的視点等からの研究
・消費社会及び消費者組織、社会運動に関する研究
・地域社会、社会政策、福祉政策・事業、地球環境等に関する研究
・東日本大震災後に明らかになった実践的な課題に関する研究

50万円以内/件

14/8/1(金)当日消印有効
※申請書は郵送とメールの両方で提出が必要

 

申請書はHP参照

9 2014
06/23
2014年度 パワーアカデミー研究助成

パワーアカデミー

特別推進研究
・独創的、先駆的かつ電気工学分野への波及効果が期待できる研究

萌芽研究
「通常型(個人型)」
「チーム型共同研究」
・電気工学分野の将来展開を見据えた研究

萌芽研究(博士課程学生枠)
・電気工学分野の将来展開を見据えた研究
・リサーチアシスタントによる経済的支援

※詳細はHP

14/7/23(水)午後3時必着

 

申請書は各研究種目の募集要項(PDF)を参照の上、ダウンロードして下さい。

8 2014
06/20
平成27年度特定機器利用の公募について

国立大学法人東京大学地震研究所

全国の地震・火山の関連分野の研究遂行に資するため、施設・実験装置・観測機器等の共同利用。
このうち、別表M3にある特定機器についてのみ、来年度利用分より1年ごとの公募を行う。
※詳細はHP

※詳細はHP

14/7/31(木)
厳守

 

申請方法
様式に必要事項を記載の上、Web申請

7 2014
06/20
平成27年度地震研究所共同利用・特定研究課題登録のお知らせ

国立大学法人東京大学地震研究所

(A)特定共同研究A
災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画推進について(建議)」(地震火山災害軽減研究)等、共同利用経費以外の予算の裏付けのあるプロジェクト。
(B)特定共同研究B
現在は地震火山災害軽減研究や委託研究等の事業費の裏付けがなく、将来事業(大型プロジェクト等も含む)化を目指す萌芽的な計画を対象。
(C)特定共同研究C
共同利用経費以外の資金によって運営される共同研究プロジェクト。

※詳細はHP

登録期限
14/7/31(木)

 

申請方法はWeb申請

6 2014
06/19
機関連携プロジェクト 予備研究(FS)の公募について

大学共同利用機関法人人間文化研究機構
総合地球環境学研究所

(1) 連携機関の研究リソースの活用
(2) 地球研の研究資源の活用
(3) 地球研における地球環境学推進への貢献
(4) 解決すべき地球環境問題の明確化
(5) 課題解決に駆動された学際的な統合
(6) 社会的インパクト
(7) 国際的な共同研究の中核
(8) トランスディシプリナリティ

HP参照

HP参照

所属機関の長

 
5 2014
05/30
重粒子線がん治療装置等共同利用研究課題及び装置共用課題

(独法)放射線医学総合研究所

【研究課題カテゴリー】
(1)治療・診断
(2)生物
(3)物理・工学

詳細はHP参照

14/6/16(月)
必着

 

申請書

4 2014
05/21
(公財)ファイザーヘルスリサーチ振興財団
第23回 助成案件公募のご案内

(公財)ファイザーヘルスリサーチ振興財団

国内におけるヘルスリサーチ領域の問題解決型の共同研究であること。
(1)国内共同研究(年齢制限なし)
(2)国内共同研究(満39歳以下)
※詳細はHP参照

(1)130万円/件(10件)
(2)100万円/件(13件)

(1)、(2)
14/6/30(月)
(当日消印有効)

(1)、(2)
応募者の所属する国内研究機関・教室等の所属長等とする

申請書等

3 2014
05/08
東京大学地震研究所
平成26年度拠点間連携共同研究

国立大学法人東京大学地震研究所

参加者募集型研究
課題募集型研究
※詳細はHP参照

共同研究

14/5/23(金)必着

所属機関長等

「所定の様式」に必要事項を記載のうえWeb申請してください。

2 2014
05/08
大学共同利用機関法人自然科学研究機構国立天文台(大学支援経費)「委託研究」募集

自然科学研究機構国立天文台

天文学研究を全国の大学等へ広げていくため、新グループの形成、観測施設や新設大学等における天文学の新たな構築を、国立天文台と連携して推進する計画を支援する予算枠として、大学支援経費を用意し今年度も募集いたします。
ただし、大学VLBI連携関係及び光・赤外線天文学大学間連携関係については、この募集の範囲外とします。

500万円/件
総額3000万円

14/5/26(月)必着

所属機関長