表彰募集

2014年度

  1. この公募情報は、本学に通知のあったものについて掲載しています。
  2. 応募手続きをはじめ、詳細については所属部局担当係(各学部総務係、工学部は産学連携係)にお問い合わせください。
  3. 申請書類(写)については、所属部局担当係を通じて企画課に提出してください。
  4. 応募結果については、所属部局担当係を通じて企画課に連絡してください。
  5. 教員個人に助成された寄附金(助成金)であっても、その趣旨が職務上の教育、研究を援助する目的である場合は、
    教員による個人経理はできず、寄附金として本学に寄附する必要がありますので、所属部局担当係にご相談ください。
No 掲載日 件名 募集機関 応募資格 募集内容 募集機関
受付期限
推薦者等 備考
44 2015
03/06
第8回海洋立国推進功労者表彰

文部科学省

対象分野…科学技術、水産、海事、自然環境など海洋に関する幅広い分野での功績を対象

海洋立国推進功労者表彰
通知・規則
候補者調書
刑罰等調書
概要
受賞者リスト

15/3/26(木)
※学内締切
15/3/20(金)

学長

 
43 2015
03/05
第25回山片蟠桃賞

大阪府 府民文化部都市魅力創造局文化課

国外において刊行された、日本文化の国際通用性を高める著作とその著者
(1) 著作の範囲は、日本文化についての研究、紹介及び日本文学の翻訳を指しますが、文章による表現が主体となっているものとします。
(2) 日本文化とは、日本文学、芸術及び思想の分野とします。
(3) 著作の発行形態は、それぞれの国で国民一般が入手できるよう公表されたものを対象とします。
(4) 著作の刊行の時期は、ここ数年間のものとします。
(5) 著者についての国籍は問いませんが、今後とも日本文化の海外紹介に貢献が期待できる人が望まれます。

第25回山片蟠桃賞

15/5/31(日)

学識経験者、大学、研究所、国際交流機関

 
42 2015
02/26
第36回「石橋湛山賞」

一般財団法人
石橋湛山記念財団

・平成26年3月~27年2月までの論文、評論、随想
・過去に石橋湛山賞を受賞された方は対象外

第36回石橋湛山賞

要項
推薦書

15/3/25(水)

   
41 2015
02/17
第29回独創性を拓く 先端技術大賞

フジサンケイ ビジネスアイ

【募集対象】
○企業・産学部門:2014年度に発表した企業や産学連携の研究開発成果(近い将来実用化を見据えた技術論文、新製品などあらゆる研究開発)で研究者、研究グループ代表者の年齢がおおむね40歳以下の若手研究者、技術者。
○学生部門:国・公・私立大学の学生・大学院生、工業高等専門学校生およびこれらの学生グループ。留学生も可。

第29回独創性を拓く 先端技術大賞

3月末日

   
39 2015
01/14
第40回井上春成賞

・井上春成賞委員会
・科学技術振興機構

大学、研究機関等の独創的な研究成果をもとに企業が開発し企業化した優れた技術で、科学技術の発展に寄与し経済の発展、福祉の向上に貢献したもの

第40回井上春成賞

・原則として2件
・受賞者に対して賞状、賞牌
・研究者代表には研究奨励金100万円

15/2/9(月)~
15/3/31(火)

   
38 2015
01/14
第13回高峰記念第一三共賞

公益財団法人
第一三共生命科学研究振興財団

生命科学特に疾病の予防と治療に関する諸分野の基礎的研究並びに臨床への応用的研究において、その進歩・発展に顕著な功績をあげ、現在活発な研究活動を行っており、今後の一層の活躍が期待される日本国内在住の研究者。

第13回高峰記念第一三共賞
【賞】賞状、賞碑並びに副賞(一千万円)

15/1/15(木)~
15/2/28(土)

生命科学分野を専門とする大学大学院研究科長、研究機関長等
※自薦不可

企画課学術推進係(内線:8822)に推薦書、封筒1部あり

37 2015
01/14
日本原子力学会フェロー賞

一般社団法人 日本原子力学会

【受賞資格】大学・高等専門学校において原子力・放射線に関係の深い専門課程を修学した、
1)学部4年生 卒業予定者
2)大学院博士前期課程(修士課程)修士予定者
3)高等専門学校専攻科2年生 卒業予定者

【受賞対象者】上記の有資格者のうちで、学業優秀なる者(ただし、既受賞者は除く)
1)大学学部4年生または高等専門学校専攻科2年生にあっては、卒業論文あるいは卒業研究において原子力または放射線を主題とした研究を行った者。
2)大学院博士前期課程(修士課程)学生にあっては、修士論文において原子力または放射線を主題とした研究を行った者であって、日本原子力学会論文誌等に論文発表、年会・秋の大会で口頭発表、あるいは国際会議で原子力または放射線に関する論文発表を行った者。
3)卒業後は、原子力または放射線分野で活躍が期待される者。
4)日本原子力学会の学生会員であるか、推薦を受けた場合は会員登録すること。

日本原子力学会フェロー賞
【賞】賞状及び記念品

15/2/20(金)
※学内締切
15/2/12(木)

学科長(主任教授)、学部長、専攻長、研究科長等以上

※学内で応募者多数の場合は選考があります

 
36 2014
12/19
第17回国土技術開発賞

一般財団法人 国土技術研究センター

1.概ね過去5年以内に技術開発され、かつ過去3年間以内に実用に供された新技術であること。
2.適用実績のうち代表的な1件について、応募技術を採用して事業を推進した事業者(行政機関等(*)、民間法人等)の推薦が得られること。
3.選考の過程において、選考に係わる者(選考委員会、事務局等)に対して、応募技術の内容を開示することについて一切問題がないこと。
4.応募技術に係わる特許権等の権利について一切問題が生じないこと。
5.応募技術が入賞した際に技術内容等を公表するので、これに対して一切問題が生じないこと。
6.応募技術が受賞した後に主催者が行う普及活動に同意できるものであること。
7.過去において本「国土技術開発賞」(**)に応募された技術については、原則として応募することはできません。ただし過去の応募以降に技術内容等が変更・改良されたものについては、再応募することができます。

第17回国土技術開発賞

15/1/8(木)

15/4/8(水)

   
35 2014
12/19
第26回つくば賞及び第25回つくば奨励賞

一般財団法人 茨城県科学技術振興財団

A.つくば賞
基礎・応用・開発を問わず理工学及び生命科学などの研究分野に携わっている個人又はグループ
・本県内において現在研究活動をしているか,過去に研究活動をしたことがある
・本県内で開催された国際学会で,初めてその研究成果を発表した研究者
のいずれかに該当する者


B.つくば奨励賞
基礎・応用・開発を問わず理工学及び生命科学などの研究分野に携わっている個人又はグループ
(実用化研究部門)本県内において現在研究活動をしているか,又は研究活動をしたことがある研究者であって,その研究成果が実用化される等,県内の科学技術振興に寄与した研究者
(若手研究者部門)本県内で現在研究活動をしている若手研究者(40歳以下)であって,今後飛躍的な研究成果が期待できる研究者

つくば賞・つくば奨励賞
A.つくば賞
【対象】自然科学部門で1人または1組
【賞】賞状、賞牌、副賞(500万円)


B.つくば奨励賞
【対象】自然科学部門で2名または2組
【賞】賞状、賞牌、副賞(100万円)

14/12/17(水)

15/3/6(金)
※学内締切
15/2/20(金)

学長

 
34 2014
12/19
第39回内藤コンファレンス

公益財団法人 内藤記念科学振興財団

・英語で討論ができること
・開催期間中4日間を通して参加できること

第39回内藤コンファレンス
優秀なポスター10件に各50万円の助成金を贈呈

14/12/16(火)

15/1/20(火)

   
33 2014
12/16
第4回新化学技術研究奨励賞

公益財団法人 新化学技術推進協会

2014年4月1日時点で満40歳未満。但し特別課題については年齢制限を設けない。
受賞後少なくとも1年間は応募研究テーマを研究できる方。
学部および大学院の学生は含みません。研究場所は日本国内に限る。

第4回新化学技術研究奨励賞
・特別課題または、各11分野から研究課題を選び申請
・当該研究を奨励するものとして、受賞者に100万円贈呈される

14/11/1(土)
~15/1/9(金)

   
32 2014
11/28
2015年度ロレアル―ユネスコ女性科学者 日本奨励賞・特別賞

日本ロレアル株式会社

【日本奨励賞】生命科学、物質科学分野で博士後期課程に在籍または、博士後期課程に進学予定の40歳未満*の女性。40歳未満で交付後1年間、国内で教育・研究に従事できる方。留学生は対象外
【日本奨励賞-特別賞】自薦・他薦問わず。個人、企業・団体・学校

日本奨励賞

日本奨励賞-特別賞

14/11/17(月)~15/2/28(土)

   
31 2014
11/28
第56回藤原賞

公益財団法人 藤原科学財団

【研究分野】自然科学
【対象者】日本の国籍があり、且つ日本在住の方

第56回藤原賞
副賞:各1千万円、2件に贈呈

15/1/31(土)

所属組織・研究機関長又は相当する学識者

 
30 2014
11/28
第28回安藤博記念学術奨励賞

一般財団法人 安藤研究所

【研究分野】エレクトロニクスおよびこれに関連する科学技術

【対象者】大学の若手研究者(原則として35歳未満、大学院生を含む)等で上記の研究分野において独創的・萌芽的な研究を行っている者。

「第28回安藤博記念学術奨励賞」
賞状,記念品および賞金1件50万円で4件以上

15/2/28(土)

各所属機関長(学部長,大学院研究科長,研究所長等)

 
29 2014
11/18
2015年度フィリップ・フランツ・フォン・ジーボルト賞

ドイツ学術交流会

【対象者】
・日本とドイツ連邦共和国における文化および社会のよりよい相互理解に貢献し、学問上すぐれた業績をあげた日本の研究者
・50歳未満で、ドイツ語の知識のある方

2015年度フィリップ・フランツ・フォン・ジーボルト賞
賞金:5万ユーロ
ドイツに1年間の研究滞在

14/12/8(月)
※学内締切
14/11/28(金)

学長

 
28 2014
11/14
第7回ドイツ・イノベーション・アワード「ゴットフリード・ワグネル賞2015」

ドイツ科学・イノベーションフォーラム東京

在日ドイツ商工会議所

モビリティ、マテリアル、ライフサイエンス、エネルギーとインダストリーのいずれかの分野における応用志向型の研究で、現在進行中の研究、または過去2年以内に完了した研究成果

第7回ドイツ・イノベーション・アワード「ゴットフリード・ワグネル賞2015」

賞金:250万円(原則として授賞は各分野1件、計4件)

副賞:希望するドイツの大学・研究機関に最長2ヵ月間研究滞在するための助成金

15/1/12(月)

 

電子申請

27 2014
10/21
公益信託伊藤徳三ひまし研究基金

公益信託伊藤徳三ひまし研究基金

【応募資格】 
大学・公的研究機関等の営利を目的としない研究機関に所属し、上記の研究に従事する研究者・研究グループ。
【対象となる研究】
(1)ひまし油・ひまし油誘導体の精密化学変換に関する研究
(2)ひまし油・ひまし油誘導体を利用する機能材料及び生物活性物質に関する研究
(3)ひま種子の増産に資する育種及び栽培技術に関する研究
(4)上記(1)~(3)以外のひまし油関連産業の発展に資する基礎・応用研究

公益信託 伊藤徳三ひまし研究基金
平成27年度顕彰事業


【助成内容】
研究者個人:20万円以内
グループ:50万円以内

11月10日(月)~
12月19日(金)

 

申請書

26 2014
10/08
第24回地球環境大賞

地球環境大賞顕彰制度実行委員会

環境対策に熱心な企業、自治体、学校、市民グループ。個人応募は不可。

「第24回地球環境大賞」

14/10/31(金)

学長

 
25 2014
10/03
第32回とやま賞

富山県ひとづくり財団

(1)富山県出身又は富山県内在住の者
(2)学術研究、科学技術、文化・芸術、スポーツ等の分野において、すぐれた業績を挙げ、かつ、将来の活躍が期待される個人又は団体
(3)年齢原則として45歳までとするが、人文・社会科学系についてはこの限りではない。
(4)候補者は准教授クラスまでとし、教授は含まない。

第32回とやま賞

(1)授賞者には奨励金として100万円贈呈する。
(2)贈呈式は平成27年4月の予定

14/11/21(金)

   
24 2014
10/01
第19回米百俵賞

公益財団法人
長岡市米百俵財団

教育、文化、福祉、産業等の分野において、独創的な活動により人材の育成に大きく貢献し、「米百俵」の精神を今に体現する個人又は団体。表彰は原則として1名又は1団体とする。(国籍、居住地は問いません)

第19回米百俵賞

14/10/1(水)~
15/1/9(金)

自薦、他薦問いません。

記入要項
記入例
推薦書

23 2014
09/25
平成27年度(第7回)ヤマハ発動機スポーツ振興財団スポーツチャレンジ賞

公益財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団

【功労賞】すでに優れた成果を上げ、功を成した人物・団体

【奨励賞】チャレンジを通じて高い成果を上げ、今後さらなる成長が期待される人物・団体

第7回ヤマハ発動機スポーツ振興財団スポーツチャレンジ賞

14/9/18(木)~
14/11/17(月)


競技団体、大学、学会、報道機関、ジャーナリスト等

 
22 2014
09/17
第1回イノベーター・オブ・ザ・イヤー

イノベーター・オブ・ザ・イヤー

医療科学の進展を促し、人々の健康に大きな恩恵をもたらす革新的な成果を挙げた個人

第1回イノベーター・オブ・ザ・イヤー

14/9/30(火)
17時

他者

 
21 2014
09/05
明治大学法科大学院専門法曹養成研究教育センター学術奨励賞

明治大学法科大学院 専門法曹養成研究教育センター

2014年4月1日現在において20歳以上39歳以下の者で次のいずれかに該当する者。
①明治大学大学院,法科大学院及び専門職大学院に在学する者又は修了した者
②明治大学各学部,大学院に在籍する教員
③その他,明治大学法科大学院専任教員の推薦のあるもの

明治大学法科大学院専門法曹養成研究教育センター学術奨励賞

14/12/19(金)

   
20 2014
08/20
第9回関東工学教育協会賞

関東工学教育協会

 受賞候補者は原則として本会個人会員ならびに団体会員とする。なお、功績賞、協会貢献賞は原則として個人を対象とする。業績賞、論文・論説賞、著作賞は候補者が複数(団体)であってもかまわない。
 過去の受賞者については、受賞年度を含め5年以内は再受賞しない。

関東工学教育会賞 並びに
第19回工学教育賞
(工学教育賞への推薦は関東協会賞の応募者から行う)

14/10/17(金)

学部長、学長、被表彰者の業績を熟知している本会個人会員

 
19 2014
08/06
平成26年度 第17回花王研究奨励賞

公益財団法人
花王 芸術・科学財団

国内の国公私立の大学、または研究所等において本人の主体的な研究によって独自の成果を挙げた平成27年4月1日現在40才以下の日本在住の研究者。(海外における研究成果を含めてもよい)

平成26年度 第17回花王研究奨励賞

14/7/1(火)~
14/9/30(火)

学部長、研究科長等

 
18 2014
08/06
平成27年度 前田工学賞

公益財団法人 
前田記念工学振興財団

過去3年(平成23年~25年度、即ち平成23年4月1日~平成26年3月31日迄の間)に、わが国の大学院において博士の学位を取得した論文で当財団に初めて応募するものに限る。

・前田工学賞
・山田一宇賞

14/9/5(金)~
14/10/17(金)

   
17 2014
08/06
第30回 電気通信普及財団賞

公益財団法人
電気通信普及財団

論文/著書を執筆した個人またはグループ

テレコム社会科学賞
テレコム社会科学学生賞

14/9/30(火)

   
16 2014
07/22
第18回 研究業績表彰

一般財団法人 丸文財団

・大学または公的研究機関に属する
・大学院生または若手研究者

・丸文学術賞
・丸文研究奨励賞

14/7/1(火)~
14/10/31(金)

学科長、学部長、研究所長等(指導教官でも可)

 
15 2014
07/22
第47回 市村学術賞

公益財団法人 新技術開発財団

【対象研究】
1.産業上貢献している、あるいは実用化の可能性のある理工学研究分野。
2.独創的・画期的で世界的に見て高い水準にあるもの。
3.学術分野の進展に先導的な役割を果たし、波及効果が大きく期待できるもの。ただし、すでに顕著な賞を受賞しているものについては原則として対象外。
【対象者】
1.筆頭者はにほんの大学ならびに研究機関に所属する研究者とします。筆頭者以外は企業の研究者であっても可。
2.連名の場合は3名以内。
3.申請者(表彰の対象者)は応募時に50歳未満であること、連名の場合は全員が年齢要件を満たす必要がある。

第47回 市村学術賞

14/10/1~
14/10/20

学長、学部長等

 
14 2014
07/14
第7回(平成26年度)中谷賞

公益財団法人
中谷医工計測技術振興財団

【大賞】
1.医工計測技術について優れた業績を挙げ、現在でも活発な研究活動を行っている研究者であること。
2.表彰対象研究分野に関する関連する学会の会員または大学およびこれに準ずる研究機関に属する者または属していた者。
【奨励賞】
1.医工計測技術について独創的な研究をしていること。
2.将来有望な研究者で、原則として応募締切時45歳以下であること。
3.表彰対象研究分野に関連する学会の会員または大学およびこれに準ずる研究機関に属する者またはしていた者。

平成26年度 第7回中谷賞

14/7/14(月)~
14/10/15(水)

候補者の業績についてよく知る人。
(1推薦者から一件に限る)

 
13 2014
07/09
第36回(平成26年度)沖縄研究奨励賞

公益財団法人 沖縄協会

学協会・研究機関若しくは実績のある研究者から推薦を受けた50歳以下の者で、平成26年7月15日現在で50歳以下の者

第36回(平成26年度)沖縄研究奨励賞

14/7/15(火)~
14/9/30(火)

・学協会
・研究機関
・実績のある研究者

沖縄研究奨励賞規則
応募用紙

12 2014
07/04
朝日賞

朝日新聞社

学術、芸術などの分野で傑出した業績をあげ、わが国の文化、社会の発展、向上に多大の貢献をされた個人または団体。原則として年度賞とし、毎年1月から12月までの業績を対象。長年にわたる業績に対してお贈りすることもあります。

朝日賞
・人文
・自然科学

14/8/29(金)
※学内締切
14/8/18(月)

 

推薦希望の際は学術推進係に推薦書1部コピーをご提出ください。

11 2014
06/26
第36回(平成27年度)本多記念研究奨励賞

公益財団法人 本多記念会

日本国籍者で、理工学、特に金属に関連する研究を行い、優れた研究成果を挙げ、または発明を行ったもので、将来の発展を期待できる若い研究者。受賞発表年の3月末日現在満40歳以下の者で、共同研究の場合は主研究者であること。

第36回(平成27年度)本多記念研究奨励賞

14/9/19(金)

 

募集要項
業績書

10 2014
06/26
第12回(平成27年度)本多フロンティア賞

公益財団法人 本多記念会

理工学、特に金属材料などの無機材料、有機材料及びこれらの複合材料の3分野のいずれかの分野において、学術面あるいは技術面において画期的な発見又は発明を行った方。なお、団体は受賞対象としない。

第12回(平成27年度)本多フロンティア賞

14/9/19(金)

 

募集要項
推薦書

09 2014
06/26
第56回(平成27年)本多記念賞

公益財団法人 本多記念賞

 日本国籍者で、理工学、特に金属およびその周辺材料に関連する研究を行い、基礎または応用面において優れた成果を挙げ、科学文化の進展に卓抜な貢献をした方。なお、団体は受賞対象としない。

第56回(平成27年度)本多記念賞

14/9/19(金)

 

募集要項
推薦書

08 2014
06/23
第3回 エヌエフ基金 研究開発奨励賞

一般財団法人 エヌエフ基金

2014年12月末時点で満35才以下の方

・研究開発奨励賞
・研究開発奨励賞優秀賞

14/6/10(火)~
14/9/30(火)必着

 

募集要項
申請書

07 2014
06/13
大学発ベンチャー表彰

科学技術振興機構

大学ベンチャー。特にその成長に寄与した機関、企業(研究開発成果を創出した大学、支援および協力した企業等)
・大学等の研究開発成果を活用して起業したベンチャー
・設立後、概ね10年以内のベンチャーであること
・応募時点で上場していないこと

大学発ベンチャー表彰

6月6日(金)~
7月16日(水)

自薦または他薦

 
06 2014
06/05
2014年大川賞・大川出版賞(23回)

公益財団法人 大川情報通信基金

・大川賞:情報・通信分野における研究、技術開発および事業において、顕著な社会的貢献のあった方。
・大川出版賞:情報・通信分野に関して技術の発展および社会的啓蒙に貢献のあった優れた図書で、2011年1月1日以降に発刊されたもの。

大川賞
大川出版賞

14/6/30(月)
※学内締切
14/6/23(月)

(申請書)大川賞
(申請書)大川出版賞

 
05 2014
05/26
木原記念財団学術賞

公益財団法人
木原記念横浜生命科学振興財団

1.最近において生命科学の分野で優れた独創的研究を行っている国内の研究者で、50才以下(平成26年9月30日締切日現在)の方
2.推薦の研究課題で他の著名な賞を受けていない方

木原記念財団学術賞

14/6/1(日)~
14/9/30(火)
※学内締切
14/9/19(金)

学長

推薦書

04 2014
05/22
平成27年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞及び若手科学者賞

文部科学省

・同一の業績により、すでに国家栄典及び文部科学大臣表彰科学技術賞を受けているものがある場合は、表彰対象外である。
・若手科学者賞は表彰される年度の4月1日現在において40歳未満の研究者とする。
・科学技術賞の対象となるグループは、原則として1グループ5名以内とする。
表彰対象者

14/7/17(木)

※学内締切
14/7/10(木)

学長

各種様式

03 2014
05/20
第31回井上研究奨励賞

公益財団法人 井上科学振興財団

過去3年間に、理学・工学・医学・薬学・農学等の自然科学の基礎的研究において、新しい領域を開拓する可能性のある優れた博士論文を提出し、博士の学位を取得した研究者。
・37歳未満の者(2014年9月20日現在)
・茨城大学で博士の学位を取得していること
・候補者の現在の所属は問わない
・推薦者は茨城大学の論文指導者であること

第31回井上研究奨励賞

14/9/20(土)

※学内締切
14/8/29(金)

茨城大学の論文指導者

要項
推薦書

02 2014
04/25
三島海雲学術賞

公益財団法人三島海雲記念財団

45歳未満の者(平成27年4月1日現在)
日本在住の研究者及び海外在住の日本人研究者
人文科学部門は著書(図書)があること

第4回(平成27年度)三島海雲学術賞

14/8/1(金)~
14/9/30(火)

※学内締切
14/9/16(火)

学長

 
01 2014
04/23
2014年度C&C賞

公益財団法人
NEC C&C財団

C&C技術分野、即ち情報処理技術、通信技術、電子デバイス技術、およびこれらの技術が融合する技術分野、広くエレクトロニクスの基礎と応用にわたる分野の開拓または学術的・技術的研究活動に関し、あるいはC&C分野の進歩がもたらす社会科学的研究活動に関し、顕著な貢献のあったと考えられる方

2014年度C&C賞

14/4/15(火)
~14/5/30(金)