表彰募集

2013年度

  1. この公募情報は、本学に通知のあったものについて掲載しています。
  2. 応募手続きをはじめ、詳細については所属部局担当係(各学部総務係、工学部は産学連携係)にお問い合わせください。
  3. 申請書類(写)については、所属部局担当係を通じて企画課に提出してください。
  4. 応募結果については、所属部局担当係を通じて企画課に連絡してください。
  5. 教員個人に助成された寄附金(助成金)であっても、その趣旨が職務上の教育、研究を援助する目的である場合は、
    教員による個人経理はできず、寄附金として本学に寄附する必要がありますので、所属部局担当係にご相談ください。
No 掲載日 件名 募集機関 応募資格 募集内容 募集機関
受付期限
推薦者等 備考
031 2014
03/30
平成26年度 第50回「小島三郎記念文化賞」

公益財団法人 黒住医学研究振興財団

病原微生物学、感染症学、公衆衛生学その他これらに関連した領域において学問的に顕著な業績で、しかも我が国の文化に貢献したと思われる研究成果

小島三郎記念文化賞

14/5/30(金)
※学内締切
14/5/23(金)

学長

推薦票

029 2014
03/30
日本学術振興会賞

日本学術振興会

 国内外の学術誌等に公表された論文、著書、その他の研究業績により学術上特に優れた成果を上げたと認められる者のうち、平成26年4月1日現在で条件を満たす者。
1 45歳未満であること
2 博士の学位を取得していること(博士の学位を取得した者と同等以上の学術研究能力を有する者を含みます。)
3 外国人の場合は推薦時点において我が国で5年以上研究者として大学等研究機関に所属しており、今後も継続して我が国で研究活動を予定していること
※海外在住の日本国籍を有する研究者も対象

第11回(平成26年度)日本学術振興会賞

14/4/14(火)
~14/4/16(水)
※学内締切
14/4/9(水)

学長

要項
Q&A
委員名簿
推薦書等
記入要項
キーワード一覧

030 2014
03/14
第7回海洋立国推進功労者表彰

文部科学省

科学技術、水産、海事、自然環境など海洋に関する幅広い分野での功績を対象とする

【概要等】こちら

1.「海洋立国日本の推進に関する特別な功績」分野
(1)「普及啓発・公益増進」部門(2)「科学技術・学術・研究・開発・技術」部門(3)「産業振興」部門(4)「地域振興」文門

2.「海洋に関する顕著な功績」分野(1)「海洋に関す津科学技術振興」部門(2)「水産振興」部門(3)「海事」部門(4)「自然環境保全」部門

14/3/24(月)

※学内締切
14/3/19(水)

学長

申請書等

028 2014
01/22
日本学士院会員候補者の推薦について

日本学士院

 

日本学士院会員候補者の推薦について

14/1/14(火)

14/2/28(金)
※学内締切
14/2/21(金)

学長

14/12月中頃決定

推薦書

027 2013
12/27
「第39回井上春成賞」の募集について

井上春成賞委員会

1 大学、研究機関等の独創的な研究成果であること
2 前項の研究結果を受けて企業が開発し、企業化した技術(販売実績があるもの)であること(研究段階かた開発、企業化、あで自社のみで行ったもの並びに研究者および企業等の両者が外国籍の場合は対象となりません。)
3 科学技術の進展に寄与し、経済の発展、福祉の向上に貢献した技術であること(中堅・中小企業の場合、技術上の特徴、市場特性についても別途考慮します。)
4 企業が実質的販売活動を始めてから、原則5年以内の技術であること
但し、短期間では成果が出にくい分野の技術については、その特性を考慮して、必ずしも実質的な販売活動を始めてから5年以内の技術であることはこだわりません。尚、広く研究開発を奨励するために、大川内記念賞、日本産業技術大賞、市村賞本賞、恩賜発明賞を受賞した技術を省きます。

第39回井上春成賞

14/2/10(月)~14/3/31(月)

 

推薦書記入要項

推薦書

026 2013
12/26
第11回江崎玲於奈賞の募集について

財団法人
茨城県科学技術振興財団

日本国内の研究機関においてナノサイエンスあるいはナノテクノロジーに関する研究に携り、世界的に評価を受ける顕著な研究業績を挙げた研究者、原則1名

第11回「江崎玲於奈賞」

14/3/6(木)

※学内締切
14/2/27(木)

学長

実施概要

要綱及び推薦書

025 2013
12/26
第25回つくば賞及び第24回つくば奨励賞候補者の推薦について

財団法人
茨城県科学技術振興財団

基礎・応用・開発を問わず理工学及び生命科学などの研究分野に携っている個人又はグループで次のいずれかに該当し、科学技術の振興に貢献ができる者。
1.実用化研究部門:本県内において現在研究活動をしているか,又は研究活動をしたことがある研究者であって,その研究成果が実用化される等,県内の科学技術振興に寄与した研究者(共同研究の場合はその研究に対する貢献度合が1/3以上である者を表彰の対象とする。)
2.若手研究者部門:本県内で現在研究活動をしている若手研究者(40歳以下)であって,今後飛躍的な研究成果が期待できる研究者(共同研究の場合はその研究の主たる研究者であり、その貢献度合が2分の1以上である者を表彰の対象とする。)

つくば賞・つくば奨励賞

14/3/6(木)

※学内締切
14/2/27(木)

学長

実施概要

要綱及び推薦書

024 2013
11/26
2014年度「ロレアルーユネスコ女性科学者」 日本奨励賞
日本奨励賞ー特別賞

日本ロレアル株式会社

日本奨励賞:生命科学、物質科学の分野において、博士後期課程に在職あるいは、博士後期課程に進学予定の40歳未満の女性

日本奨励賞ー特別賞:科学分野で実績のある個人または、次世代育成などにおいて積極的な活動を推進している個人または企業・団体・学校

ロレアルーユネスコ女性科学者 日本奨励賞,日本奨励賞ー特別賞

14/2/28(金)

特別賞の他薦のみ承認が必要

募集要項
日本奨励賞

日本奨励賞ー特別賞

023 2013
11/06
第55回藤原賞 受賞候補者募集について

公益財団法人 藤原科学財団

(1)自然科学分野に属する基礎科学及び応用科学
(2)科学技術の発展に卓越した貢献をした日本国籍を持つ功労者

藤原賞

14/1/31(金)

※学内締切
14/1/24(金)

学長

推薦要項書

022 2013
10/17
2013年度 学術賞・研究奨励 募集について

一般財団法人 成和記念財団

(1)金萬有学術賞:自然科学で博士号を取得し、顕著な業績をあげた在日コリアン(在留資格が特別永住者)に授与。受賞は一度のみ。2006年以前の旧授賞規定による「研究奨励賞」を二度受賞した者は申請不可。
(2)研究奨励:2013年4月1日現在大学院博士課程に在籍するか、それと同等以上と認められる在日コリアン(在留資格が特別永住者)が対象。日本国内の大学および研究機関において自然科学の基礎または応用に関する研究に携わり、これまでの研究活動や今後の研究計画を通じて、優れた成果及び将来性が期待できる者に授与。受賞は一度のみ。2006年度以前の旧授賞規定による「研究奨励賞」を受賞した者は申請不可。
(3)学術助成:在日コリアン研究者による学術研究会を主催する学会・団体等に授与。

2013年度 学術賞・研究奨励

13/11/15(金)


※学内締切
13/11/8(金)

学長

申請書
金萬有学術賞

研究奨励

学術助成

021 2013
10/09
ゴットフリード・ワグネル賞2014の募集について

ドイツ 科学・イノベーションフォーラム東京
HP
在日ドイツ商工会議所
HP

(1)応募者は日本の大学または研究機関に所属する研究者であること
(2)応募者が研究の主要部分に携っていること
(3)グループでの応募も可能であるが、グループの構成人数が3名以下で、当該研究の応募代表者が明確であること
(4)応募者は、グループの場合も含め、全員が45歳以下であること

ドイツ・イノベーションアワード
「ゴットフリード・ワグネル賞2014」

13/12/8(日)
必着
※学内締切
13/11/29(金)

学長

電子申請

020 2013
10/03
第18回工学教育賞の推薦について

公益社団法人
日本工学教育協会

教育実績、活動が継続中もしくは2年程度以内に終了した業績を対象とする。
(1)業績部門:工学・技術者教育等の分野において、効果的な業績を挙げた個人または団体
(2)論文・論説部門:工学・技術者教育等の分野における優秀な論文、論説の著者、編者
(3)著作部門:工学・技術者教育等に関する優れた教科書・参考書の著者、編者
(4)功績部門:工学・技術者教育等の発展に長年にわたり寄与した顕著な功績を挙げた個人または団体

第18回工学教育賞

14/1/10(金)

所属長あるいはそれと同等の個人

応募書式

019 2013
10/02
第31回「とやま賞」の推薦について

公益財団法人 富山県ひとづくり財団

(1) 富山県出身又は富山県内在住の者
(2) 学術研究、科学技術、文化・芸術、スポーツ等の分野において、すぐれた業績を挙げ、かつ、将来の活躍が期待される個人又は団体
(3) 原則として45歳(平成26年5/9現在)までとするが、人文・社会科学系についてはこの限りではない
(4) 准教授クラスまでとし、教授は含まない

第31回「とやま賞」

13/11/22(金)必着
※学内締切
13/11/15(金)

学長

14/4月決定

推薦書

018 2013
09/25
平成25年度(第6回)ヤマハ発動機スポーツ振興財団・スポーツチャレンジ賞について

公益財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団

功労賞:長年にわたるスポーツ振興への貢献や過去の先駆的実績の優れた成果を上げ、功を成した人物、団体

奨励賞:今後のスポーツ振興に大きな影響が期待される、その年極めて高い成果を上げ、今後さらなる成長が期待される人物・団体

第6回ヤマハ発動機スポーツ振興財団・スポーツチャレンジ賞
※申請書付き

13/11/18(月)
※学内締切
13/11/11(月)

学長

14/2月決定

017-2 2013
09/13
伊藤徳三ひまし研究基金顕彰事業募集について

公益信託伊藤徳三ひまし研究基金

(1)研究助成 上記1の研究に従事する研究者・研究グループ 上記1の研究に従事する研究者・研究グループ 研究の実施期間:平成 研究の実施期間:平成24年4月1日~平成25年3月31日
(2)顕彰事業 上記1の調査・研究において顕著な業績をあげ 上記1の調査・研究において顕著な業績をあげ,ひまし関連産業の発展・国民生活向上に寄与した研究者・研究グループ

平成26年度顕彰事業募集

 

学長

 
017 2013
09/12
2013年度 エヌエフ基金 研究開発奨励賞について

一般財団法人 エヌエフ基金

2013年12月末時点で満35才以下の方。

2013年度 エヌエフ基金 研究開発奨励賞

13/9/30(月)
必着
※学内締切
13/9/20(金)

学長

10月下旬決定

申請書

016 2013
09/06
2014年度 フィリップ・フランツ・ジーボルト賞について

クラウス・アウアー
広報文化部部長

学問上優れた業績をあげられた日本人研究者。年齢は50歳未満で、一応のドイツ語知識のある方。

2014年度 フィリップ・フランツ・ジーボルト賞

13/12/9(月)
必着
※学内締切
13/12/2(月)

学長

推薦にあたっては、ドイツ語(または英語)およびに日本語にて推薦状ならびに次の書類を提出下さい。
1.履歴書
2.出版物を網羅したリスト
3.学問上の業績および文化的功績の紹介
4.外部の方からの推薦状
015 2013
07/30
第8回わかしゃち奨励賞募集について
日本国内に在住する平成25年4月1日現在40歳未満の、大学院生(博士後期課程相当)若しくは修了者で、大学または企業、団体等の研究開発に従事している者(正規、非正規、または常勤、非常勤を問わない。愛知県職員は除く)。

第8回わかしゃち奨励賞

13/7/12(金)~ 13/10/11(金) 事前参加登録は13/9/13(金)までに行う。
※学内締切
13/10/4(金)

学長

14/1月決定

圧縮版

014 2013
07/24
第25回及び第26回
福岡アジア文化賞受賞候補者の推薦について

福岡市、(公財)よかトピア記念国際財団

(1)学術研究賞
アジアを対象とした人文化科学、社会科学等の領域における優れた研究成果により、アジアの理解に貢献するとともに、今後更に活躍が期待される個人または団体を顕彰します。
(2)学術・文化賞
アジアの固有かつ多様な芸術・文化の育成または発展に貢献するとともに、今後更に活躍が期待される個人または団体を顕彰します。ここで「芸術・文化」とは美術、文芸、音楽、演劇、舞踊、映像、建築、伝統文化、民族文化等幅広い概念でとらえられる分野を指します。

福岡アジア文化賞受賞候補者

13/9/30(月)
※学内締切
13/9/20(金)

学長

推薦書

013 2013
07/23
第46回市村学術賞受賞候補推薦について

公益財団法人
新技術開発財団

1.日本の大学ならびに研究機関に所属する研究者(連盟の場合は3名以内)
2.申請者(表彰の対象者)は応募時(応募年の10月1日現在)に50歳未満であること。なお、連盟の場合は全員が年齢要件を満たす必要があります。

市村学術賞受賞候補者

13/10/1(火)~
13/10/20(日)
必着
※学内締切
13/10/11(金)

学長

14/3月上旬決定

申請書
推薦書

012 2013
07/23
第6回(平成25年度)中谷賞推薦募集について

公益財団法人
中谷医工計測技術振興財団

表彰対象は以下の条件を満たす研究者
【大賞】
1.医工計測技術について優れた業績を残した研究者であること。
2.表彰対象研究分野に関連する学会の会員または大学およびこれに準ずる研究機関に属する者、または属していた者。
【奨励賞】
1.医工計測技術について独創的な研究をしていること。将来有望な研究者で、原則として応募締切時45歳以下であること。
2.表彰対象研究分野に関連する学会の会員または大学またはこれに準ずる研究期間に属する者、または属していた者。

中谷賞候補者推薦募集

13/10/31(木)
電子データは必着
郵送分は当日消印有効

※学内締切
13/10/24(木)

学長

14/2月末くらい

推薦書

011 2013
07/23
第28回塚原仲晃記念賞候補者について

公益財団法人
ブレインサイエンス振興財団

生命科学の分野において優れた独創的研究を行っている、当該年度において50歳以下の研究者(平成25年4月2日から平成26年3月31日までにおいて51歳になった者を含む。国内外を問わない)に対して塚原仲晃記念層を贈呈します。

塚原仲晃記念賞授賞候補者

13/10/11(金)
必着
※学内締切
13/10/4(金)

学長

14/4月末までに決定

推薦書

010 2013
07/23
平成26年度
前田工学賞・山田一宇賞について

公益財団法人
前田記念工学振興財団

過去3年(平成22年~平成24年度、即ち平成22年4月1日=平成25年3月31日までの間)に、我が国の大学院において博士の学位を取得した論文で当財団に初めて応募するものに限る。

前田工学賞
山田一宇賞

13/9/6(金)~
13/10/18(金)
17:00到着分まで
※学内締切
13/10/11(金)

学長

1次審査の合格者を13/12月末までに決定

申請書

009 2013
07/17
第40回(平成25年度)
岩谷直治記念賞候補者推薦について

公益財団法人
岩谷直治記念財団

(1)業績の対象
学会・協会およびその他研究機関等が、次の項目に関し優れた技術開発でかつ産業上の貢献を認めた業績とします。
1.生産プロセスの合理化によるエネルギーの有効利用、効果的な環境保全の達成
2.エネルギー及び環境に関する独創的な技術の開発
3.エネルギーおよび環境に関連した新素材、バイオ新技術およびエレクトロ新技術の開発
(2)対象者
個人または研究グループとし、グループの場合はその代表者を候補者とします。なお、候補者は必ずしも学会・協会の会員その他研究機関等の所属員であることを要しません。

岩谷直治記念賞候補者推薦

13/8/31(土)
当日消印有効

※学内締切
13/8/23(金)

学長

13/11月下旬結果通知

推薦書

008 2013
07/01
第35回(平成25年度)沖縄研究奨励賞
推薦応募について

公益財団法人
沖縄協会

1.沖縄を対象とした優れた研究を行っている
2.平成25年7月15日現在、50歳以下
3.学協会、大学、研究機関または実績のある研究者から推薦を受けた者
4.出身地及び国籍は問わない

沖縄研究奨励賞

13/7/15(月)~
13/9/30(月)
当日消印有効

※学内締切
13/9/20(金)

学長

13/12月上旬結果発表
応募用紙

007 2013
06/06
2013年度
大川出版賞候補図書推薦について

公益財団法人
大川情報通信基金

情報・通信分野に関して技術の発展および社会的啓蒙に貢献のあった優れた図書で。2010年1月1日1日以降に発刊されたものから表彰します。
[留意事項]
・著者は原則として個人としますが数名に限り共著も認めます。
・編者は原則として審査の対象外とさせていただきます。
・図書は原則として日本国内で発刊されたものとしますが、著者の国籍は問いません。

大川出版賞候補図書

13/7/12(金)
必着
※学内締切
13/7/5(金)

学長

『大川出版賞候補図書推薦書』

006 2013
06/06
2013年度
大川賞候補推薦について

公益財団法人
大川情報通信基金

情報・通信分野における研究、技術開発および事業において、顕著な社会的貢献のあった方を表彰します。
[留意事項]
・受賞者は、原則として個人とし、故人を含みません。

大川賞 候補者

13/7/12(金)
必着
※学内締切
13/7/5(金)

学長

『大川賞候補者推薦書』

005 2013
05/27
第22回木原記念財団学術賞の候補者推薦について

公益財団法人木原記念横浜生命科学振興財団

最近において生命科学の分野で優れた独創的研究を行っている国内の研究者で、50歳以下(平成25年9月30日締切日現在)の方とします。

第22回木原記念財団学術賞の候補者推薦

13/9/30(月)
消印有効

※学内締切
13/9/20(金)

学長

『推薦書』

004 2013
05/20
第31回(平成25年度)
村尾育英会学術賞について

一般財団法人
村尾育英会

申請者及び共同研究者は、おおむね45歳までとします。

第31回(平成25年度)
村尾育英会学術賞

13/9/30(月)
必着

※学内締切
13/9/20(金)

学長

申請書はこちらから

003 2013
05/20
平成26年度科学技術分野の文部科学大臣表彰受賞候補者の推薦について

文部科学省

1.文部科学大臣表彰科学技術賞、若手科学者賞については、同一の業績により、すでに国家栄典(叙勲、褒章)及び文部科学大臣賞を受けているものがある場合は表彰対象としない。
2.文部科学大臣表彰科学技術賞、若手科学者賞について表彰対象となる成果は1件のみとする。
3.文部科学大臣賞若手科学者賞は表彰される年度の4月1日現在において40歳未満の研究者とする。また過去に受賞している者への重複した表彰は行わない。
4.文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門を除く)の対象となるグループとは、原則として1グループ5名以内(個人)とする。科学技術賞研究部門の対象となるグループとは、原則として1グループとは、原則として1グループ3名以内(個人)し、かつ、本業績に対する各人の貢献度が同程度のものとする。
5.被表彰候補者は、起訴が係争中、公正取引委員会による取り調べ、不祥事の報道がなされるなどのことの無い大臣表彰を受賞するにふさわしい者であること。

平成26年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞及び若手科学者賞受賞候補者

13/7/17(金)
必着


※学内締切
13/7/5(水)

学長

募集要項
科学技術賞
若手科学者賞

002 2013
04/24
平成25年度第49回 「小島三郎記念文化賞」推薦について

公益財団法人
黒住医学研究振興財団

故小島三郎博士が広く関係を持たれていた病原微生物学、公衆衛生学その他これらに関連した領域において学問的に顕著な業績をあげた方

小島三郎記念文化賞

13/05/31(金)


※学内締切
13/05/24(金)

学長もしくは部局長

推薦状はこちらから

001 2013
04/16
2013年度 C&C賞候補者推薦募集について

公益財団法人NEC
C&C財団

2013年度
C&C賞候補者

13/5/31(金)
必着

学長

※学内締切
13/5/22(水)