表彰募集

RSS [RSS]RSS配信の利用方法

  1. この公募情報は、本学に通知のあったものについて掲載しています。
  2. 応募手続きをはじめ、詳細については所属部局担当係(各学部総務係、工学部は産学連携係)にお問い合わせください。
  3. 申請書類(写)については、所属部局担当係を通じて企画課に提出してください。
  4. 応募結果については、所属部局担当係を通じて企画課に連絡してください。
  5. 教員個人に助成された寄附金(助成金)であっても、その趣旨が職務上の教育、研究を援助する目的である場合は、
    教員による個人経理はできず、寄附金として本学に寄附する必要がありますので、所属部局担当係にご相談ください。
No 掲載日 件名 募集機関 応募資格 募集内容 募集機関
受付期限
推薦者等 備考
22 2017
09/22
第10回ヤマハ発動機スポーツ振興財団スポーツチャレンジ賞

公益財団法人 ヤマハ発動機スポーツ振興財団(YMFS)

【功労賞】すでに優れた成果を上げ、功を成した人物・団体
【奨励賞】スポーツのチャレンジを通じて高い成果を上げ、今後さらなる成長が期待される人物・団体

【功労賞】
既に優れた成果をあげ功をなした人物・団体
【奨励賞】
その年、高い成果をあげ、今後さらなる成長が期待される人物・団体
賞金100万円・賞状・メダル/副賞

17/9/15(金)
  ~
17/11/13(月)

競技団体、大学、学会、報道機関、ジャーナリスト等

【表彰式】
18/4月開催予定

21 2017
09/22
第14回ヘルシー・ソサエティ賞

公益社団法人 日本看護協会
ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ

【教育者部門】
【ボランティア部門】
【医療技術者部門】

【正賞】
受賞者には賞状と記念杯を贈呈

【募集期間】
平成29年9月中旬~11月15日(水)
【生理学会推薦締切】
平成29年11月15日(水)までに事務局必着

他者推薦

 
20 2017
09/14
第59回藤原賞

公益財団法人 藤原科学財団

【研究分野】自然科学
【対象者】日本の国籍があり、且つ日本在住の方

副賞:各1千万円、2件に贈呈

17/12/20(水)
学内締切
17/12/6(水)

所属組織・研究機関長又は相当する学識者

 
19 2017
09/07
第27回地球環境大賞

フジサンケイグループ
(主管:産経新聞社 フジサンケイ ビジネスアイ)

1.企業:規模を問いません。中小規模の企業に対しては、大企業に比べて資金的、人的な違いのあることを考慮して評価します
2.自治体:都道府県市区町村
3.学校:大学、小・中・高校など(国公立私立を問いません)
4.市民グループ:環境問題に取り組む任意団体、NGO、NPOなど
※個人応募は不可

・大賞
・経済産業大臣賞
・環境大臣賞
・文部科学大臣賞
・国土交通大臣賞
・農林水産大臣賞
・日本経済団体連合会会長賞
・フジサンケイグループ賞

17/9/5~
17/10/31

 

【発表】
18/2/28
(フジサンケイ ビジネスアイ、産経新聞、サンケイスポーツ、夕刊フジ紙上に掲載)

18 2017
08/28
2018年度フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト賞

ドイツ学術交流会

【対象者】
・日本とドイツ連邦共和国における文化および社会のよりよい相互理解に貢献し、学問上すぐれた業績をあげた日本の研究者
・50歳未満で、ドイツ語の知識のある方

2018年度フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト賞
賞金:5万ユーロ
ドイツに1年間の研究滞在

17/12/1(金)
※学内締切
17/11/15(水)

学長

 
17 2017
08/21
「小貫英教育賞」及び懸賞論文

小貫英教育学研究助成記念基金

①教育学・心理学を研究対象とする大学院・大学・短大・高専の 教授・准教授・講師・助教・助手・大学院生で又は研究機関の研究員・研究生で、かつ 40才以下の方。
②教員志望の方
(大学在学・既卒は不問)

①【小貫英教育賞】研究論文
1編40万円
②懸賞論文
最優秀論文
(1編)10万円
優秀論文
(1編)5万円

17/8/1(火)

17/10/31(火)
(必着)

 

申請書

16 2017
08/17
第12回わかしゃち奨励賞

愛知県、公益財団法人 科学技術交流財団、公益財団法人 日比科学技術振興財団

平成29年4月1日現在40歳未満の、大学院生(博士前期課程相当)若しくは修了者で、大学または企業、団体等の研究開発に従事している者(正規、非正規あるいは常勤、非常勤を問わない)。

【研究テーマ】
「イノベーションで未来に挑戦~次世代成長産業の創造~」

17/9/29(金)

   
15 2017
07/24
福岡アジア文化賞 (第29回,第30回)

福岡市、(公財)福岡よかトピア国際交流財団

【学術研究賞】
アジアを対象とした人文科学、社会科学等の領域における優れた研究成果により、アジアの理解に貢献するとともに、今後さらに活躍が期待される個人又は団体
【芸術・文化賞】
アジアの固有かつ多彩な芸術・分科の育成又は発展に貢献するとともに、今後さらに活躍が期待される個人又は団体

【大賞】
賞金500万円
【学術研究賞】
賞金300万円
【芸術・文化賞】
賞金300万円

17/9/30(土)

各推薦者は2名まで推薦可

奇数年を本推薦年と定め、2年間をひとつのサイクルとして候補者選考を行う。

14 2017
07/21
第50回(平成29年度)市村学術賞

公益財団法人 新技術開発財団

①日本の大学ならびに研究機関に所属する研究者
②50歳未満
③連名の場合は3名以内

市村学術賞
【功績賞】
賞金500万円、功績賞記念牌
【貢献賞】
賞金300万円、貢献賞記念牌
【特別賞】
賞金2000万円、特別賞記念牌

17/10/1(日)

17/10/20(金)

   
13 2017
07/06
平成29年度花王科学賞

花王芸術・科学財団

国内の国公私立の大学、または研究所等において主体的な研究によって独自の成果を挙げた平成30年4月1日現在45歳以下の研究者

【化学・物理学分野】
【医学・生物学分野】
各分野1件。
賞状・副賞300万円・記念品

17/7/1(土)

17/9/30(土)

 

【結果通知】
17/2月末

12 2017
07/05
平成29年度コニカミノルタ画像科学奨励賞

(公)コニカミノルタ科学技術振興財団

【基本のテーマ】
「光と画像領域でのイノベーション創出」
【応募資格】
日本の大学、国公立及び公益研究機関に所属する研究者で、個人またはグループ。但し、年齢は応募締切日9月30日時点で40才以下。

コニカミノルタ画像科学奨励賞
賞:(優秀賞)
副賞1件100万円
(奨励賞)
副賞1件50万円
(連携賞)
副賞1件100万円

17/7/3(月)

17/9/30(土)

 

【結果通知】17/1月下旬以降

11 2017
06/30
第39回沖縄研究奨励賞

公益財団法人 沖縄協会

・沖縄を対象とした優れた研究を行っている
・平成29年7月15日現在、50歳以下
・学協会、大学、研究機関または実績のある研究者から推薦を受けた者
・出身地及び国籍は問わない

・副賞:50万円

17/7/15(土)~
17/9/30(土)

   
10 2017
06/14
NEDO Technology Commercialization Program 2017

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

1~3に示された条件を全て満たす者
1公募開始時(平成29年6月5日)に起業していない個人、研究者又は研究チーム。
2具体的な技術シーズを活用し、それに基づく事業構想を有する起業家であって、我が国の経済活性化に寄与すると認められる応募内容であること。
3反社会的勢力又はそれに関わる者との関与が無いこと。

最優秀賞:1件
優秀賞:1~2件
ファイナリスト賞:10件程度

17/6/5(月)

17/9/22(金)

 

応募用紙

09 2017
06/14
テクノアイデアコンテスト"テクノ愛2017"の募集

テクノ愛実行委員会、公益財団法人京都技術科学センター、京都大学産官学連携本部

大学の部:大学生、高等専門学校4・5年生、高専専攻科生、大学院生
※個人でもグループでも応募可

【表彰】
グランプリ、準グランプリ、優秀賞、奨励賞
【副賞】
表彰盾、研究用資材または図書券
・グランプリ20万円
・準グランプリ15万円
・優秀賞10万円
・奨励賞5万円
・テクノ愛賞5万円

17/9/11(月)

 

応募用紙

08 2017
06/06
異能vationプログラム 平成29年度募集

総務省

日本国籍を持つ者(居住地問わず)または終了まで日本国内で技術開発を実施することが可能な者(国籍問わず)

【破壊的な挑戦部門】300万円を上限
【ジェネレーションアワード部門】表彰、副賞(20万円)

【申請期間】
17/5/22(月)~
17/6/30(金)

自薦と他薦

 
07 2017
06/05
平成30年度科学技術分野の文部科学大臣表彰受賞候補者の推薦について

文部科学省研究振興局

・同一の業績により、すでに国家栄典及び文部科学大臣表彰科学技術賞を受けているものがある場合は、表彰対象外である。
・若手科学者賞は表彰される年度の4月1日現在において40歳未満の研究者とする。
・科学技術賞の対象となるグループは、原則として1グループ5名以内とする

(1)科学技術賞
(2)若手科学技術賞

17/7/26(水)


※学内締切
17/7/10(月)

学長

各種様式

06 2017
05/11
2017年大川賞・大川出版賞(第26回)

公益財団法人 大川情報通信基金

・大川賞:情報・通信分野における研究、技術開発および事業において、顕著な社会的貢献のあった方。
・大川出版賞:情報・通信分野に関して技術の発展および社会的啓蒙に貢献のあった優れた図書で、2014年1月1日以降に発刊されたもの。

大川賞
大川出版賞

17/6/30(金)
学内締切
17/6/23(金)

学長

 
05 2017
05/08
第26回木原記念財団学術賞

公益財団法人
木原記念横浜生命科学振興財団

生命科学分野の50才以下(平成29年9月30日締切日現在)の国内の研究者で、高い基礎研究レベルを持つ優れた独創的研究であって、すでにインパクトのある研究成果を上げつつも今後のさらなる発展が大きく期待できる研究を行っている方。
ただし、推薦の研究課題で他の著名な賞を受けていないこと。

毎年原則として1件とし、賞状及び賞金200万円を贈呈

17/5/1(月)

17/9/30(土)

学長

 
04 2017
04/24
第7回三島海雲記念財団「三島海雲学術賞」

公益財団法人三島海雲記念財団

45歳未満の者(平成30年4月1日現在)
日本在住の研究者及び海外在住の日本人研究者

賞状・副賞200万円(1人当たり)
自然科学部門
(2件以内)
人文科学部門
(1件以内)

円(1人当たり)
自然科学部門
(2件以内)
人文科学部門
(1件以内)

17/8/1(月)

17/9/30(金)

当財団が依頼した推薦機関の代表者

 
03 2017
04/20
C&C賞

公益財団法人
NEC C&C財団

C&C技術分野、即ち情報処理技術、通信技術、電子デバイス技術、及びこれらの技術が融合する技術分野、広くエレクトロニクスの基礎と応用にわたる分野の開拓または学術的・技術的研究活動に関し、あるいはC&C分野の進歩がもたらす社会科学的研究活動に関し、顕著な貢献のあったと考えられる方

【C&C賞】表彰状、賞牌と賞金(原則1件につき1千万円)を贈呈

17/5/31(水)

   
02 2017
04/07
第37回緑の都市賞

公益財団法人 都市緑化機構

【緑の市民協働部門】主に市民団体
【緑の事業活動部門】主に民間事業者
【緑のまちづくり部門】主に市区町村

・内閣総理大臣賞(1点)
・国土交通大臣賞(3点)
・都市緑化機構会長賞 (3点以内原則として各部門から1点)
・奨励賞 (若干数審査委員会において必要と認められた場合)

17/4/1(土)

17/6/30

   
01 2017
04/04
第34回 井上研究奨励賞受賞

公益財団法人 井上科学振興財団

2014年4月1日~2017年3月31日(2014年度~2016年度)の過去3年間に
理学・工学・医学・薬学・農学等の自然科学の基礎的研究において、新しい領域を開
拓する可能性のある優れた博士論文を提出し、博士の学位を取得した研究者で、2017
年9月20日現在の年齢が37歳未満の者

本賞:賞状及び銅メダル 副賞:50万円
授賞予定件数は40件

17/9/20(水)
(必着)

原則として、博士論文の作成を指導した研究者とする。

 
43 2017
03/13
平成29年度 第53回「小島三郎記念文化賞」

公益財団法人
黒住医学研究振興財団

病原微生物学、感染症学、公衆衛生学その他これらに関連した領域において学問的に顕著な業績で、しかも我が国の文化に貢献したと思われる研究成果

小島三郎記念文化賞

17/5/31(水)
※学内締切
17/5/19(金)

学長

 
42 2017
03/06
第5回立石賞

公益財団法人
立石科学技術振興財団

エレクトロニクスおよび情報工学の分野で、人間と機械の調和を促進し、技術革新と人間重視の視点において顕著な業績をあげた個人。
(1)過去に本財団の研究助成を受け、顕著な研究業績をあげた者
(2)本財団の趣意に沿った日本発の研究・技術で顕著な業績をあげた者

賞:賞状・賞碑及び賞金(500万円)
件数:功労賞2名、特別賞2名

17/6/30(火)

 

【表彰式】18/5(予定)

41 2017
03/02
第38回石橋湛山賞

一般社団法人
石橋湛山記念財団

応募資格
・平成28年3月より平成29年2月までの間に発表された論文や評論などの言論作品。
・現下の政治・経済・社会(社会・文化を含む)の国民的な課題を真正面から採り上げた時評あるいは政策評論。
・年齢不問。
・石橋湛山受賞者は不可

石橋湛山賞

17/3/31(金)

 

申請書、送付用封筒は学術推進係にございます。

40 2017
03/01
第10回海洋立国推進功労者表彰

文部科学省

対象分野…科学技術、水産、海事、自然環境など海洋に関する幅広い分野での功績を対象

第10回海洋立国推進功労者表彰
・通知、要項、規則

17/3/17(金)
※学内締切
17/3/13(月)

学長

候補者調書が必要な方は学術推進係にご連絡ください。

39 2017
02/16
第15回産学官連携功労者表彰 募集

内閣府 総合科学技術・イノベーション会議

特に顕著な功績又は功労があったと認められる個人又は団体を対象
①企業等と大学等との共同研究・受託研究等による成果の事例
②大学等の研究成果である特許・ノウハウの企業等へ技術移転を行い製品化した成果の事例
③大学等の研究開発成果を活用したベンチャー創出等の成果の事例
④地域における産学官連携による成果の事例
⑤その他産学官連携による優れた成果の事例

① 内閣総理大臣賞② 科学技術政策担当大臣賞③ 科学技術政策担当大臣賞(地方創生賞)④ 総務大臣賞⑤ 文部科学大臣賞⑥ 厚生労働大臣賞⑦ 農林水産大臣賞⑧ 経済産業大臣賞⑨ 国土交通大臣賞⑩ 環境大臣賞⑪ 日本経済団体連合会会長賞⑫ 日本学術会議会長賞

17/2/1~
17/3/1

自薦他薦を問わない公募方式

 
38 2017
02/10
第1回薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰

内閣官房、文部科学省、厚生労働省、農林水産省

薬剤耐性(AMR)対策の普及啓発活動に取り組んでいる個人又は団体を対象とします。

【国民部門】
【医療部門】
【研究教育部門】
【動物部門】
※表彰は「薬剤耐性対策推進国民啓発会議議長賞」「厚生労働大臣賞」「文部科学大臣賞「農林水産大臣賞」を交付。

17/2/1

17/2/28
(内閣官房国際感染症対策調整室必着)

自薦、他薦とも可。

【審査結果発表】17/5頃(予定)
【表彰式】17/6頃(予定)

37 2017
02/03
第22回慶應医学賞

慶應義塾医学振興基金

分野:臨床医学(創薬・医療機器開発を含む)
資格:臨床医学の発展に対する多大な貢献をしているもの

【慶應医学賞】
副賞:一賞につき1,000万円とメダル
2名(国内1名、国外1名)

【推薦締切】
17/3/7(火)

【個人】1 推薦者につき1 件【機関・団体】制限はなし【学会】若干名

【受賞式】
17/11(予定)

36 2017
02/02
第1回 GPIF
Finance Awards
受賞候補者推薦募集

年金積立金管理運用独立行政法人

平成23年4月以降、「年金積立金の運用の高度化に資する優れた研究」を行った国内の若手研究者(原則として大学、研究機関に所属する者。学術的な内容で研究を行った実務家を含む。)

GPIF Finance Awards
・原則1 名
・受賞者に賞状、記念品を授与

【推薦受付】
1月6日(金)~
2月10日(金)
【選考日程】(予定)
2月中旬~3月上旬 1次選考・2次選考

自薦、他薦とも可

受賞者公表(ホームページ、プレスリリース)

3月下旬 表彰式、講演会

35 2017
01/23
第28回山下太郎学術研究奨励賞候補者募集について

一般財団法人山下太郎顕彰育英会

(1)秋田県出身、又は秋田県内の研究機関等に所属する者
(2)平成29年4月1日現在において満40歳未満である者
(3)専攻する学術分野において独創的で優れた業績をあげ、原則として最近5年間に専門の学術研究誌等に発表するか、権威ある展覧会・発表会等において入賞・入選等の実績がある者

受賞者数は2名以内とし、受賞者には1名につき表彰状と副賞100万円を授与する。

17/3/1~
17/3/31(必着)

 

【受賞発表】平成29年5月下旬(予定)

34 2017
01/23
研究助成 2017

公益財団法人 永守財団

日本国内の大学・大学院・研究所等に所属し、対象分野に関する研究を主体的に進め、科学・産業の発展に貢献する所が大きいと思われる研究者(個人)

※概ね39 歳以下の若手研究者を対象とします。

【対象分野】モータ、アクチュエータ、発電機及びそれらの制御方法
その応用技術等に関連する技術分野【助成対象期間】1年あたり100万円
※ 10~15件程度の採択を予定

17/2/13~
17/5/15まで

※所属機関(研究室など)の上席者による承諾書が必要

【交付条件】17/9/3に開催予定の贈呈式に出席できること

33 2017
01/18
日本学士院会員候補者の推薦について

日本学士院

会員候補者を推薦される場合には、
「日本学士院会員選定規則(抄)」及び
「日本学士院会員分科別一覧」
を参照の上、必要書類を取り揃え、期間内に本院に御提出ください。

【第1部】
(人文科学部門)
第1分科3名以内
第2分科2名以内
第3分科2名以内
【第2部】
(自然科学部門)
第6分科1名以内
第7分科3名以内
 計11名以内

17/1/12~
17/2/28
【学内締切】
17/2/17(金)

学長

【選考結果】17/12月中頃

32 2017
01/17
平成28年度第2回国際交流助成の募集

公益財団法人中山隼雄科学技術文化財団

国内の大学院・大学・高専・専門学校及び非営利の研究機関等に所属する研究者

国際交流 ゲームに関する国際会議への参加者
助成額 国際交流:総額70万円以内

17/1/15~
17/4/15

 

発表:17/8

31 2016
12/27
第28回つくば賞・第27回つくば奨励賞

一般社団法人
茨城県科学技術振興財団

【つくば賞】
対象範囲:自然科学部門
資格:基礎・応用・開発を問わず理工学及び生命科学などの研究分野に携わっている個人又はグループ
【つくば奨励賞】
対象範囲:自然科学部門
資格:基礎・応用・開発を問わず理工学及び生命科学などの研究分野に携わっている個人又はグループで次のいずれかに該当し、科学技術の振興に貢献が期待できる者

第28回つくば賞・第27回つくば奨励賞
【つくば賞】 賞状,賞牌,副賞(500万円)
【つくば奨励賞】賞状,賞牌,副賞(100万円)

16/12/21~
17/3/10

   
30 2016
12/26
第14回江崎玲於奈賞

一般社団法人
茨城県科学技術振興財団

日本国内の研究機関においてナノサイエンスあるいはナノテクノロジーに関する研究に携わり、世界的に評価を受ける顕著な研究業績を挙げた研究者、原則1名

本賞(賞状)、副賞(1,000万円)、記念品

16/12/21~
17/3/10

   
29 2016
12/12
研究者交流促進プログラム

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構

主として我が国の大学等に所属する常勤の研究者で,プログラムへの参加について所属する大学等の長の了解が得られる者

(1)機構の研究所で研究に従事する間の研究者に対する給与相当額及び交流促進のために伴う周辺の研究環境の整備等に充てる経費
(2)遠隔地での研究に従事するための住居及び交通にかかる支援経費

機構本部への締め切り:
17/1/20(金)

大学等の長

 
28 2016
12/06
第43回内藤コンファレンス

公益財団法人
内藤記念科学振興財団

・英語で討論できること
・開催期間中4日間を通して参加できること

特定研究助成金の贈呈:特に優秀なポスター発表者に10件各50万円贈呈
参加費用:宿泊費・食費財団負担(交通費自己負担)

16/12/1(木)

17/1/12(木)

   
27 2016
11/18
2017年度 ロレアル - ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

ロレアルグループ、ユネスコ

生命科学、物質科学の分野において、博士後期課程に在籍あるいは、博士後期課程に進学予定の40歳未満の女性を対象とします。

生命科学、物質科学の分野からそれぞれ原則1年2件(2名)、計4件(4名)を選考し、受賞者に賞状および、奨学金100万円を贈呈します。

16/11/14(月)~
17/2/28(火)

【奨励賞】
指導教員からの推薦状

 
26 2016
11/14
2017年度フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト賞

ドイツ学術交流会

【対象者】
・日本とドイツ連邦共和国における文化および社会のよりよい相互理解に貢献し、学問上すぐれた業績をあげた日本の研究者
・50歳未満で、ドイツ語の知識のある方

2017年度フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト賞
賞金:5万ユーロ
ドイツに1年間の研究滞在

16/12/5(月)
※学内締切
16/11/25(金)

学長

 
25 2016
11/04
第3回永守賞

公益財団法人 永守財団

1. 対象分野
モータ、アクチュエータ、発電機およびそれらの制御方法、その応用技術等に関連する技術分野といたします。
2. 応募資格
対象分野において、国内外の大学、公的機関、民間企業等に所属し、優れた功績をあげた 研究者、または開発者であること。

・永守賞の受賞者は、8名程度とします。
・表彰式で「永守賞大賞」を発表します。
・副賞は、永守賞大賞は500万円、永守賞は100万円とする。

16/11/1(火)~
17/1/31(火)

学会推薦、
または
自己推薦が必要

 
24 2016
10/21
ドイツ・イノベーション・アワード「ゴットフリード・ワグネル賞2017」募集開始

ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京、在日ドイツ商工会議所

【応募資格】
日本の大学・研究機関に所属する45歳以下の若手研究者
【応募対象】
応用志向型の研究で、現在進行中の研究、または過去2年以内に完了した研究成果

ゴットフリー ド・ワグネル賞2017
【研究分野】
材料、デジタル化とモビリティ、エネルギー、ライフサイエンス
【賞金】
250万円
【副賞】
ドイツ短期研究滞在の助成金も授与されることがあります

17/1/10(火)

   
23 2016
10/05
第21回米百俵賞

公益財団法人
長岡市米百俵財団

【対象】教育、文化、福祉、スポーツ、産業等の分野において、独創的な活動により人材の育成に大きく貢献し、「米百俵」の精神を今に体現する個人又は団体。表彰は、原則として1名又は1団体とします。(国籍、居住地は問いません。)

米百俵賞
【賞】表彰楯、副賞(賞金100万円)

16/10/1(土)

17/1/13(金)

自薦、他薦は問わない。

結果17/3月下旬

表彰17/6月予定

22 2016
10/05
第34回とやま賞

公益財団法人
富山県ひとづくり財団

(1)富山県出身または富山県内在住
(2)学術研究、科学技術、文化・芸術、スポーツの分野において、すぐれた業績を挙げ、かつ、将来の活躍が期待される個人または団体
・年連が45歳未満(学術研究部門人文・社会科学系以外)
・准教授相当の職位とし、教授は含まない

富山賞
【表彰】奨励金として100万円

16/11/21(月)

   
21 2016
10/05
平成28年度・第9回石橋湛山新人賞

一般財団法人
石橋湛山記念財団

【対象分野】政治・経済・社会・宗教等の人文社会科学領域
【対象者】原則として修士・博士課程の大学院生
【対象論文】過去一年間に大学紀要など機関誌・学会誌に発表された論文

石橋湛山新人賞
・推薦要項

16/11/25(金)

 

推薦用紙は企画課学術推進係にございます